地下鉄2号線事故関連安全運行対策及び負傷者支援対策

ソウル市は、今回のサンワンシムニ駅での地下鉄2号線事故を受け、後続措置に万全を期し、二度とこのような事故が起こらないよう最善を尽くして取り組んでまいります。

地下鉄2号線事故関連負傷者支援対策

1. 治療費の支給

患者が望む医療機関で適切な診療が受けられるよう治療費全額を支給し、遅延型の症状で再受診する場合も積極的に支援

2. 看病人の支援

医療機関で看病人が必要だと認められる場合は、必要とする期間だけ看病人の費用を支給

3. 入院患者のうち自営業者には営業損失を補償

4. 事故直後は何ともなく帰宅後に異常が発生して診療が必要な遅延型の症状がある方は、ソウルメトロまでお問い合わせください。

☎連絡先:02-6110-5390

 

地下鉄2号線事故関連安全運行対策

1. 始発運行前(4:305:30)に施設の特別点検を実施

–   分岐器や信号機、電気施設など列車運行上の異常の有無

–   2号線17カ所

2. 管制システム及びマニュアルの整備

–  列車の監視と統制の強化:先行列車が出発する際に後続列車に運転注意を通知等

–   曲線区間での制限速度遵守と安全運行を奨励

–  マニュアルの整備:曲線区間や傾斜区間、駅舎進入区間などの安全速度の見直し

3. 補完及び見直し事項

–  管制モニタリング・システムの補完:非常時は警報音発生

–  機関士が列車運行位置情報を確認するモニタの設置

4. 管理監督の強化及び市民・専門家の安全活動への参加の促進

–   安全活動マニュアルの補完や制度の見直しなどにオンブズマンと専門家を積極的に活用

–   市民行動要領の掲示、関連機関との合同訓練などを強化