メインコンテンツに移動
T T

今月のフォト

  • 国立ソウル顕忠院

  • 今月のフォト SMG 715

    国立ソウル顕忠院は、現在の韓国となるまで国のために献身した方たちを祀る場所で、遺族や参拝客が訪れる護国報勲の追悼施設だ。また、春になると様々な花が咲き誇るソウルの美しい春の名所の一つでもある。正門から顕忠塔まで続く道にはしだれ桜が植えられ、美しい桜を楽しむことができる。顕忠川道に沿って咲いているレンギョウも見ることができ、美しい景色を味わえる憩いの場として愛されている。松の木、チョウセンゴヨウの木、桜の木、銀杏の木など様々な木や約26種の鳥類が生息しており、自然生態系を大切に保全している場所でもある。

    住所:ソウル市トンジャク(銅雀)区ヒョンチュンロ210 (トンジャクドン(銅雀洞)、国立ソウル顕忠院)
    開放時間:
    [顕忠院の開放時間(年中無休)] 正門・東門・通門(5か所) 06:00~18:00
    [業務施設の開館時間] 09:00~18:00
    – 業務施設(管理事務所、お客様相談室、忠魂堂、護国展示館、遺品展示館、顕忠館など)
    – 展示館の休館日:11月の祝日、12~2月の土曜日・祝日
    * 新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向け、4月2日から市民の訪問を暫定的に制限しています。詳しい内容は公式ホームページをご参照ください。 https://www.snmb.mil.kr
    アクセス:4・9号線トンジャク駅8番出口

    国立ソウル顕忠院 - 1

    国立ソウル顕忠院 - 2

    国立ソウル顕忠院 - 3

    国立ソウル顕忠院 - 4

    国立ソウル顕忠院 - 5

    国立ソウル顕忠院 - 6

    国立ソウル顕忠院 - 7

    国立ソウル顕忠院 - 8

    国立ソウル顕忠院 - 9

    国立ソウル顕忠院 - 10

    国立ソウル顕忠院 - 11