メインコンテンツに移動
T T

今月のフォト

  • 国立ソウル顕忠院 (ソウル未来遺産)

  • 今月のフォト SMG 6848

    ヨーロッパのリメンブランス・デー(Rememberance Day、11月11日)、
    米国の戦没将兵追悼記念日(Memorial Day、5月の最終月曜日)、
    オーストラリア・ニュージーランドのアンザック・デー(Anzac Day、4月25日)のように、
    韓国では毎年6月6日を「顕忠日」に指定して
    国のために命を捧げた愛国先烈と国軍将兵の魂を慰め、追悼しています。

    ソウル市トンジャク(銅雀)区にある国立ソウル顕忠院は、
    約430万坪余りの広い敷地の上に殉国先烈と護国英霊が眠っている韓国民族の聖域で、
    毎年6月6日に顕忠日記念式典がここで開催されるだけでなく、
    ソウル市長など主な要人たちが新年を迎えた際や赴任する際にも足を運ぶことの多い場所です。

    「6月、護国報勲の月」を迎え、国立ソウル顕忠院を訪れて
    国のために命を捧げた彼等を追悼して、
    美しい自然景観も思う存分に満喫してみるのはいかがでしょうか?

    *住所:ソウル市トンジャク(銅雀)区ヒョンチュンロ210

    seoul-national-cemetery - 1

    seoul-national-cemetery - 2

    seoul-national-cemetery - 3

    seoul-national-cemetery - 4

    seoul-national-cemetery - 5

    seoul-national-cemetery - 6

    seoul-national-cemetery - 7

    seoul-national-cemetery - 8

    seoul-national-cemetery - 9

    seoul-national-cemetery - 10

    seoul-national-cemetery - 11

    seoul-national-cemetery - 12

    seoul-national-cemetery - 13

    seoul-national-cemetery - 14

    seoul-national-cemetery - 15