文化/観光ニュース

A A
  • 北村韓屋で楽しむ真夏の夜の散歩、白麟済家屋の初の夜間延長公開

    SMG 336
  • 北村韓屋で楽しむ真夏の夜の散歩、白麟済家屋の初の夜間延長公開

    夏の猛暑により昼間の観覧が困難な観光客のために、プクチョン(北村)に所在するペク・インジェ(白麟済)家屋が、2017年8月末まで毎週週末ごとに夜間公開される。開館時間は毎週金曜日・土曜日20:00まで、入場終了時間は19:40までである。

    ペク・インジェ(白麟済)家屋は1913年に建てられた近代韓屋で、ソウル特別市民俗文化財第22号に指定されている。去る2009年、ソウル市がペク・インジェ(白麟済)家より購入した後に補修工事を行い、2015年11月18日に開館した。

    ペク・インジェ(白麟済)家屋は、プクチョン(北村)で市民に初めて公開された家屋であり、内部を観覧できる唯一の韓屋でもある。伝統的な韓屋とは異なり、サランチェ(居間棟)とアンチェ(母屋)が廊下で連結されている。また、日本式の畳部屋も設けられた近代韓屋であり、赤レンガとガラス窓が多く使用され、アンチェの一部は2階建てになっている。

    ペク・インジェ(白麟済)家屋の観覧は、予約が不要な自由観覧と事前予約が必要なガイド解説(平日4回・週末6回、所要時間30分)観覧が可能である。観覧予約は、ソウル市公共予約システム (http://yeyak.seoul.go.kr)にて受け付けている。

    位置:ソウル市チョンノ(鍾路)区プクチョンロ7ギル16 (カフェ(嘉会)洞)
    アクセス:地下鉄3号線アングク駅2番出口
    開館時間:火~日曜日 09:00~18:00
    ※8月末まで金曜日・土曜日は夜間延長公開(20:00まで)
    休館日:1月1日、毎週月曜日(祝日開館)
    観覧料:無料
    お問い合わせ:82-2-724-0200