[2014] 市長挨拶

A A
  • 共に始めれば夢は現実になりま

    SMG 417
  • 日付 2014年7月16日 場所 ソウル特別市議会
    第9代ソウル市議会開会祝辞

     尊敬するパク・レハク議長閣下、ソウル市議会議員の皆様!並びにご列席の市民や学生の皆様!本日、一千万市民の期待と関心の中で第9代ソウル市議会が開会されることになりました。新しく出帆する第9代ソウル市議会の開会を、心からお祝い申し上げます。第9代市議会を率いる重責を担うパク・レハク議長閣下、キム・インホ副議長閣下、カン・カムチャン副議長閣下、並びにソウル市民の希望と信頼の中で当選された議員の皆様にもお慶び申し上げます。

     ソウル市議会は去る1991年7月、30年ぶりに復活して以来、市民の声に耳を傾け、代弁する民意の殿堂として、民生の殿堂として、草の根地方自治の大義を実現し、自ら先頭に立ちソウルの発展と市民生活の質を高めるために努力してきました。この場を借りて皆様には敬意を表すると同時に、感謝申し上げます。

     尊敬する議員の皆様!ソウル市は過去2年8か月の間、市議会との協力政治のもとに民生の懸案を解決し、市民の葛藤を減らしてきました。市民生活の質を高めながら未来ビジョンの礎石を築いてきました。

     環境に優しい無償給食が全面的に実施され、非正規職員の正規雇用化が実現されました。半額登録金が電撃的に実行され、福祉予算は増やされました。4兆3千億を超える債務を減らしながら賃貸住宅8万棟を建設するという目標を超過達成しました。借金は減らし、福祉は増やしたのが市政の第一歩になりました。

     市民と共に作った「2030ソウルプラン」、「ソウル市民福祉基準線」、「幸福4区プラン」、「2030経済ビジョン」、「ハニャン(漢陽)都城プロジェクト」、「観光・MICE育成総合対策」等はソウルの夢と市民の夢を結ぶ新しい希望の礎石になりました。

     森記念財団の世界都市総合力2年連続6位、ビジネストラベラーが選定した「会議しやすい都市」2年連続1位、国連公共行政大賞を含む4部分受賞等、ソウルは今や世界が認めるグローバルリーディング都市として成長しています。

     これらの成果が得られた背景には一千万市民の協力とソウル市議会の支援がありました。ソウル市議会こそ一千万市民の友で、新しいソウルの発展の原動力でした。

     尊敬する議員の皆様!しかし、我々はこれで満足してはいけません。新しいソウルの変化、ここで止まってはいけません。これから我々は去る2年8ヶ月の市政経験を土台にして、その間準備し、計画し、発表したビジョンの実を結ばせその果実を一千万市民の全員が享受できるソウル特別市を作らなければなりません。

     人情厚く、安全で希望と夢が溢れる人を最優先にする都市、「人々の特別市」、「安全の特別市」を目指さなければなりません。「創造経済」の固い基盤の上で市民の皆様が幸福な生活を享受できる「福祉の特別市」を目指さなければなりません。ソウル市議会の開会と同時に出帆する民選6期ソウル市は市民の安全な生活を市政の第一の目標と価値にします。

     災難と事故、犯罪と恐怖からの安全、不公正と腐敗、病気と公害からの安全、貧困と非人間的環境、食品偽造からの安全、住居不安、雇用不安、教育不安からの安全を守る「安全なソウル」を我々は共に作っていかなければなりません。

     それと同時に、民選6期ソウル市は市民の幸福な生活を保障する福祉共同体への道、「福祉の特別市」を完成させていきます。以前より積極的な姿勢で「訪問福祉」という原則の下で、現場密着型社会福祉安全網をさらに堅固にし、市民の生活を守る心強い同伴者を目指しています。

    「安全」と「福祉」が市民の日常生活になり、市民幸福の軸になるためにはこれを支える成長のための強固な原動力が必要です。

     民選6期ソウルの成長力は「ソウル型創造経済」になります。「ソウル型創造経済」はソウルの「人」と、ソウルの「価値」に投資し、未来のソウルを率いていく強固な経済力の新しい中心になります。

     「シンチョン・ホンデ・ハプチョンバレー」、「サンアムDMC」、「トンデムン創造経済クラスター」、「クロGバレー」、「ケポモバイル融合空間」等の5大創造経済拠点と、「マゴク」、「チャンドン」、「サンゲ」、「ホンヌン」の3大知識基盤ハブは成長の強固な根となり、10万の創造する人力を育てる栄養分になります。

    「ソウル型創造経済」は持続可能な安全と福祉を可能にする資源になり、市民全員が成長の果実を享受できる、新しいソウルの100年を導く成長の原動力になります。

     尊敬する議員の皆様!これら全ての計画を実現させるために我々はこれまで続けてきた常識と原則、合理と均衡の行政を続けていきます。何よりも革新と協力政治をさらに強化していきます。革新と協治は誰も否定することができない時代の要求、市民の命令として民選6期市政の大原則になります。新しいソウル、新しい時代を導く両翼となります。市民と共に夢を見、市民と共に作り、市民と共に享受するソウルの先頭を率いる牽引車の役割を果たします。その第一歩として私から革新し、公務員から革新し、ソウル市が自ら実践する革新の模範を見せます。

     改めて市民を主人として仕え、市民を市長として仰ぐという協力政治もさらに強化していきます。市民、中央政府、市議会、国会を市政の主役と仰ぎます。議員各位の協力を仰ぎ、常に皆様と共にいます。議員の皆様の積極的な協力と声援、どうぞよろしくお願いいたします。

     尊敬するパク・レハク議長閣下、並びに議員の皆様!私は数日前に市議会のホームページを見ましたが、「共に始めれば夢は現実になります。新しい出発は我々の希望です」というスローガンが目立ちました。その通りです。皆で協力すれば不可能なことはありません。皆で協力すれば夢は現実になります。一千万市民が夢を共有すれば、その夢は必ず実現されます。希望は奇跡的に訪れるものではありません。希望は皆で共に作っていくものです。協力というのは両者が向かい合うものではなく、同じ方向を見ながら共に歩んでいくものです。皆様、皆で共に、そして一千万市民が共有する新しいソウルの夢と希望を作っていきましょう。

     改めて、第9代ソウル市議会の開会おめでとうございます。議員各位の活気のある議政活動と、ソウル市民から尊敬され、愛される市議会として発展するよう心より祈念してやみません。ありがとうございました。