Go to Main Content
T T

文化/観光ニュース

  • 偉大なハングルの価値を今一度振り返る「ハングルの日」

  • ソウル市総合ニュース SMG 114

    2020年の10月9日は、574周年を迎える「ハングルの日」。ハングルは、世界的な碩学より『ハングルよりも優れた文字はない』という激賞を受けた文字です。600年の歴史を持つ貴重な文字、ハングルに関するストーリーをご紹介します。

    ハングルの日とは

    ハングルを創製して世界に広めたことを記念して、ハングルの優秀性を称えるための韓国の祝日である。ハングルの製作原理が記された『訓民正音』は、国宝第70号に指定されており、1997年10月にユネスコ(UNESCO)の世界記憶遺産(Memory of the World)にも登録された。

    ハングルの日の意義

    セジョン(世宗)大王(朝鮮時代前期第4代王、在位:1418~1450)が訓民正音を創製して頒布するまで、韓国人には韓国語は存在したが、これを記す文字がなかった。過去、韓国人は韓国語を記録できる文字がなかったため、中国の漢字を借りて書いたり変形させて使用していた。これは不便なだけでなく、考えを正確かつ詳細に記すことができず、日常生活は無論のこと、文化発展において大きな妨げとなっていた。

    このような妨げを除くため、セジョン(世宗)大王は『訓民正音』を創製して、一般の民が使用できるようにした。日本による植民地時代の末期、韓国語抹殺政策によって大きな危機に面したが、植民地からの解放とともに韓国語とハングルを思う存分教育して学べるようになり、今日に至った。韓国政府は、ハングルの日を国の祝日に指定して、ハングルの創製とその優秀性を称えている。

    ソウル市、ハングルの日を迎えて「訓民正音解例本ストーリー」を展示

    ソウル市は、ハングルの日を迎えて、ハングルの創製原理と使用法が記された「訓民正音解例本ストーリー」を、9月28日から10月18日までソウル図書館の外壁に展示する。

    訓民正音解例本ストーリーは、『訓民正音解例本』を最初に直接見て解説したセジョン(世宗)国語文化院長が構成した。インフォグラフィックも同時に見ることができ、『訓民正音解例本』の価値とハングルの歴史を楽しく理解するのに大変役立つことが予想されている。

    『訓民正音解例本』は、セジョン(世宗)大王がハングルをなぜ創製して、どのようにつくったのかを詳細に説明する本である。一つの文字がどのような原理によってつくられ、それをどのように使用すれば良いのか、また発音の仕方なども細かく説明している。

    ハングルの日におすすめのハングルスポット

    1. セジョン(世宗)大王記念館
    セジョン(世宗)大王の一代記室・ハングル室・科学室・特別展示室で構成されており、ハングル関連の文献約600種類などの遺物と資料を見ることができる。記念館の外には、セジョン(世宗)大王神道碑(宝物第1805号)、チョンゲチョン(清渓川)水標(宝物第838号)などが展示されている。

    住所:ソウル市トンデムン(東大門)区フェギロ56
    電話:+82-2-969-8851
    開館時間:9:00~18:00(毎週月曜日は休館)
    入場料:大人3,000ウォン、青少年1,500ウォン

    2. ハングル・カオンギル
    ハングル・カオンギルは「ハングル中心通り」という意味の韓国固有語で、ハングルの歴史や隠れたストーリーが詰め込まれている通りである。

    住所:ソウル市チョンノ(鐘路)区セジョンロ(地下鉄5号線クァンファムン駅8番出口周辺)

    3. 世宗物語
    クァンファムン(光化門)にあるセジョン(世宗)大王銅像の裏側には、特別なスペースへつながる入口がある。そこは、世宗物語の展示館だ。ここでは、セジョン(世宗)大王の家族関係、品性、趣味など「セジョン(世宗)という人間」を知ることができる展示から、ハングル創製、科学、芸術に関する業績まで見ることができる。

    住所:ソウル市チョンノ(鐘路)区セジョンデロ175
    電話:+82-2-399-1176
    開館時間:10:00~20:00(毎週月曜日は休館)
    入場料:無料

    4. 国立ハングル博物館
    国立ハングル博物館は、ハングルについてのすべてに出会えるスポットだ。興味をそそるハングル関連資料や展示物が飾られており、セジョン(世宗)大王の業績を現代美術で新しく解釈した作品を見ることができる。外国人のためのハングル学び舎も設けられている。

    住所:ソウル市ヨンサン(龍山)区ソビンゴロ139
    電話:+82-2-2124-6200
    ホームページ:www.hangeul.go.kr

    その他にも、10月5日~10月11日まで、「2020ハングルウィークイベント」がオンラインで開催されており、ホームページにアクセスすると詳細を確認することができる。
    ホームページ:http://www.hangeulweek.co.kr/kr/index.php