都市建築ニュース

A A
  • 余った民間住宅の活用 相場の90%で賃貸

    SMG 979
  • ソウル市が2018年まで供給する予定の賃貸住宅8万戸の新たな類型「民間住宅空家賃貸住宅」が2月から供給されます。

    民間住宅空家賃貸住宅は、賃借人を確保できない民間住宅の賃貸人が賃貸料を周辺の相場の90%に下げる代わりに、ソウル市が賃貸人と賃借人の不動産仲介手数料を最大で25万ウォンずつ、総額50万ウォンまで支援するとともに、不動産ポータルを通じてPRを支援するというものです。

    家主は容易に入居者を確保することができ、賃借人は相場よりも安い価格で入居できるため一挙両得です。ソウル市は、今年3千戸を皮切りに、2018年まで計1万1千戸を供給する計画です。

    ▲ソウル市は不動産仲介手数料支援を ▲自治区は空家のある民間住宅の賃貸人の申請受付と相場の1次検証を ▲韓国鑑定院は相場の2次検証を ▲不動産ポータルは不動産埋没検索サービスで「ソウル市不動産仲介手数料支援」物件であることを表示・PRする役割を、それぞれ担当します。

    転用面積85平方メートル、賃貸料2億5千万ウォン以下の住宅を所有する賃貸人であれば申請することができ、賃貸料は賃貸・月払いともに周辺の相場の90%以下にしなければなりません。保証付月払い(半月払い)の場合も、保証金の(相場の)90%以下+月払い金の(相場の)90%以下にしなければなりません。