[2013] 市長挨拶

A A
  • 休日の土曜日に驚きの体験を

    SMG 612
  • 「2013驚きの土曜日ソウル・エキスポ」開会式での挨拶

    月日:2013年6月15日
    会場:ソウル広場

    小中高生の皆さんこんにちは。保護者の皆様も来てくださいましたね。こんにちは。

    ソウルの中心に位置するソウル広場で「驚きの土曜日ソウル・エキスポ」を開催することができ、嬉しく思います。

    「驚きの土曜日エキスポ」は、休日の土曜日に驚きの体験をたくさんして、大人たちが驚くほど成長してほしいという思いを込めて企画したイベントです。「子どもが学校に行かない土日をどう過ごさせたらいいか分からない」。児童生徒はもとより、親御さんも大変心配されていたことでしょう。ソウル市は、昨年3月1日に完全週休2日制が全面実施される前からこれについて悩んできました。

    この一年間、現場では「驚きの土曜日」の実施に向けて多くの試みと実験が行われてきました。その結果が今日から始まるこのプログラムです。今日から1週間にわたり、ソウル各地で皆さんが土曜日を有意義に過ごすための多くのプログラムが予定されています。「驚きの土曜日エキスポ」には、小中高生の皆さんが直接準備して参加するプログラムもたくさんあります。小中高生が土曜日の主人公になり、自分のしたいことを直接企画して参加するのです。また、ソウルだけでなく各地域とも連携し、地方に住む小中高生もソウルで驚きの土曜日を体験できます。

    本日のイベントの主人公は、小中高生の皆さんです。皆さんが直接参加して、楽しんで、多くのことを学ぶ場になればと願っています。

    本日のイベントを準備してくださった多くの関係者の皆様にも深く感謝申し上げます。小中高生の皆さん!今日は思う存分楽しんでください!