Go to Main Content Go to Footer Content

ソウル市総合ニュース

A A
  • 世界5億の人口を熱狂させたビーボーイがソウルに集まった

  • SMG 1986
    image_pdfimage_print

        ソウル市は12月21日(火)夕方7時、ソウル市広津区(クァンジング)広壮洞(クァンジャンドン)のメロンアックス・ホールにて、韓国トップのビーボーイとビーボーイ・チーム、そして歌手パク・ジェボムが参加する「Fever Seoul Live」を開催します。

        「Fever Seoul Live」は、ソウル市の海外マーケティングの一環として韓国の優秀なビーボーイ文化資産を世界に発信することを目的に開催される行事です。この日、「Fever Seoul Live」には世界的に有名な韓国を代表するビーボーイ△Bruce Lee(Gamblerz Crew) △Rookie(Drifterz Crew) △Skim(Jinjo Crew) △Vero(Jinjo Crew) △Pocket(Morning Of Owl)とパク・ジェボム(Art Of Movement)と25人のビーボーイで構成されたビーボーイ・ミュージカル・チーム「バトル・ビーボーイ」が参加し、1時間半にわたって多彩な公演を披露します。

        今回の公演は、まず6人のビーボーイが世界のマニアを魅了する派手なビーボーイングでバトルを繰り広げ、その後にソウルをテーマにしたビーボーイ・ミュージカル「B-boy Battle」が続きます。

        特に、今回の「Fever Seoul Live」は、世界で初めて公式フェイスブック・チャンネル(http://www.facebook.com/hiseoul)を通じて全世界にリアルタイムで中継されます。

        ネットで観覧する観客のために「バックステージ・イベント」も用意されており、公演中にソウルに関するコメントやポスティングを残すユーザーを対象に抽選を行い、スポンサーが提供する衣類をプレゼントする予定です。

        また、公演映像やメイキング映像、バックステージ、ソウル・ソング・ミュージック・ビデオなどが制作され、来年1月から YouTubeソウル公式ページ(http://www.youtube.com/seouldreamseries)で紹介されます。

        さらに、アメリカはもちろん韓国でも人気のYouTubeスター、韓国系アメリカ人2世のミュージシャン、デイビッド・チェ(David Choi)とダムファウンデッド(Dumbfoundead)も参加します。

        このオンライン・バトルで選ばれた世界のビーボーイ6人は、先月11月に韓国のビーボーイ6人とソウル光化門(クァンファムン)広場でビーボーイ・バトルを繰り広げるなど多くの見どころを提供しています。

        ソウル市マーケティング課のユン・ジョンジャン課長は、「Fever Seoul Liveを通じてソウルの都市ブランド価値を高め、ビーボーイを韓国の大切な文化資産に育成していく計画だ。また、世界初のネット生中継によって世界中の人々とリアルタイムで疎通し、ソウルがいかに魅力的な都市であるかを知ってもらうことになるだろう」と話しています。