ソウル市総合ニュース

A A
  • 世界のエネルギー分野の碩学と「エネルギー転換」について議論する

    SMG 903
  • 世界のエネルギー研究の碩学がソウルに集まり、地球のための持続可能な「グリーンエネルギー」の方向を模索する。

     

    ソウル市は11月13日(水)、ソウル市庁本館・多目的ホール(8階)においてエネルギー効率分野の先駆者でありRocky Mountain Instituteの創立者兼主席研究員であるAmory B. Lovins氏と、シドニー市のエネルギー・気候変動総括責任者であるAllan Jones氏など十人の碩学を招待し、国際エネルギーカンファレンスを開催する。

     

    最近、地球規模で発生している自然災害は気候変動が加速化している証拠であり、気候変動を発生させる温室効果ガスは、大都市のエネルギー過剰消費によるところが大きい。

     

    ソウル市はこのような現象について危機意識を持ち、世界の碩学が集まる今回のカンファレンスを通じて、人口一千万人都市であるソウルをはじめとし、大都市の省エネに対する責任と役割についてスポットを当てる予定である。

     

    また、エネルギーなしでは生存できない人類と持続可能な地球保全のため、すべての都市が取り組むことのできるグリーンエネルギー政策の方向について模索する計画である。

     

    ソウル市は「エネルギーを過剰消費している大都市が、エネルギー政策を積極的に開発・推進することこそ、気候変動の危機から地球を守る最善策」とし、「今回のカンファレンスを通じて再生可能エネルギーの拡大と省エネ政策の一環である『原発一基削減運動』の新しい展開を切り開くことができる」と発表した。