ソウル市総合ニュース

A A
  • 世宗物語教育展示プログラムを実施

    SMG 1664
  •     世宗(セジョン)文化会館が運営する世宗物語では、教育と展示プログラムを企画し、1月11日から実施します。

        世宗物語の「ハングルギャラリー」にて、新年を迎えて1月11日から2月27日までハングルで作った「1日カレンダー展」が開催されます。観覧客に「ハングル」の芸術的価値を伝え、日常の大切さを感じてもらうために企画された「1日カレンダー展」は、季節に合った単語を集めて美しくデザインし、見る人の目を引く予定です。

        他にも展示の体験プログラムも注目されます。

        「世宗大王(セジョンデワン)に送る願いのツリー」の体験プログラムは、観覧客が2011年の願いをハガキに書き、みんなで「願いのツリー」を完成させていくものです。「願いのツリー」体験は、家族連れやカップル、そして韓国を訪れた外国人観光客にとって一年の決意を新たにする良い機会になると思われます。

        展示期間中は、幸せを祈る正月の挨拶をハングルで書くイベントも行われる予定です。1月16日(日)、30日(日)、そしてソルナル(旧暦の正月)連休の2月3日(水)~4日(木)午後2時30分から4時まで行われるこのプログラムには、日暦をデザインしたカリグラファーのイ・サンヒョン作家などが参加します。

        冬休みに入った小学校低学年(8-10歳)の子どもたちのための無料教育プログラムも用意されています。1月11日から2月25日まで、毎週火・水・木・金曜日に2回ずつ行われるこのプログラムは、ハングル創製の原理と科学的優秀性を勉強した後、それぞれ自分の名前の中に隠れているハングルの原理を見つけてみるというものです。