上岩ワールドカップ公園野外スケート場・ソリ場が4日に開場

スケート場, ソリ場

    ソウル市は市民たちに寒さで縮こまりやすい冬を楽しく元気に過ごしてもらうため、上岩(サンアム)ワールドカップ公園内の平和広場に野外スケート場とソリ場を造成し、12月4日(土)に開場することを明らかにしました。

    ソウル市西部プルン都市事業所が管理するワールドカップ公園のスケート場とソリ場は、2011年2月13日までの72日間、毎日午前10時から午後10時まで運営されます。

無料講習の様子    スケート場は1,800㎡、ソリ場は540㎡規模で、利用客の利便性を図るためにスケート場とソリ場の周辺には休憩所や物品保管所など附帯施設も設置されました。

    また、スケートができない利用客や5歳未満の乳幼児など家族連れの利用客も楽しめるように、スケート場だけでなくソリ場も一緒につくられました。この他にも、ソウル市では、野外スケート場運営期間中の2011年1月3日(月)から1月28日(金)までの1月間、幼稚園・小学校・一般人(中・高校含む)それぞれ30人ずつ計90人のスケート初心者を対象に無料スケート教室を週2回運営する予定です。