ソウル市総合ニュース

A A
  • ライブカメラで撮られたリアルタイムの中継映像をスマートフォンで鑑賞

    SMG 3598
  •     光化門(クァンファムン)、南山(ナムサン)、漢江(ハンガン)など、ソウルを代表する名所をスマートフォンで簡単に、リアルタイムで鑑賞することができる。ソウル市はモバイルソウル(http://m.seoul.go.kr/lang/topmenu.do?lang=jpn)を通じて、美しい周辺景観の映像をライブカメラで撮り、リアルタイムで中継するサービスを5月12日から提供している。

        現在、ソウルには光化門広場、南山、漢江、ハヌル公園、ソウルの森公園など7つの名所にライブカメラが設置されている。したがって、スマートフォンを利用してモバイルソウル(http://m.seoul.go.kr/lang/topmenu.do?lang=jpn)にアクセスすると、時々刻々変化するリアルタイムの現場映像が見られる。このサービスにより、光化門、清渓(チョンゲ)広場の道路交通状況も手軽に見ることができる。このようなライブカメラ中継サービスは、下半期には6ヶ所が追加され、計13ヶ所に増えるという。

        さらに、モバイルライブカメラサービスは、現在時刻のスチル写真も提供されるので、ライブカメラのリアルタイム中継映像のローディング中でも、現在の写真を見ることができる。

        ソウルモバイルライブカメラサービスの利用法は、スマートフォンのインターネットブラウザ(またはsafari)のアドレスバーに http://m.seoul.go.kr/lang/topmenu.do?lang=jpn を入力するか、一般携帯(韓国の機器のみ)の数字「02」とインターネット接続ボタン(Nate、Show、Oz)を押してモバイルソウルにアクセスし、「ライブカメラ」メニューのアイコンをクリックする。