Go to Main Content Go to Footer Content

今月のフォト

A A
  • ポシンガク(普信閣)の除夜の鐘

  • SMG 88
    image_pdfimage_print

    ポシンガク(普信閣)は1396年に現在のインサドン(仁寺洞)入口に建立され、当時は「チョンガク(鐘閣)」という名であった。1895年にチョンガク(鐘閣)からポシンガク(普信閣)という名に変更された。毎年、12月31日から翌年の1月1日となる午前0時に鐘を33回打って新年を迎えるイベントが開催されている。打鐘イベントの際に鐘を33回打つのは、ポシンガク(普信閣)が早朝4時ごろに4大門の開門を知らせるため33回打ち鳴らされたことに由来している。
    アクセス:地下鉄1号線チョンガク駅4番出口

    ポシンガク(普信閣)の除夜の鐘

    ポシンガク(普信閣)の除夜の鐘

    ポシンガク(普信閣)の除夜の鐘

    ポシンガク(普信閣)の除夜の鐘

    ポシンガク(普信閣)の除夜の鐘

    ポシンガク(普信閣)の除夜の鐘