ソウル市総合ニュース

A A
  • ヘルシーフードを作ってみよう

    SMG 1778
  •     ソウル市(漢江事業本部)は、毎週水曜日(18:30~20:30)、蘭芝(ナンジ)野生探査センターにおいて、カップルたちを対象に実施する生態プログラム「エコ・ロマンチスト(Eco-Romantist)」をはじめ、ヘルシーフードについて学び、直接作ってみるプログラムなど、多様な漢江生態教室の実施を行っていると発表しました。

        「エコ・ロマンチスト」は、化学調味料や防腐剤、トランス脂肪などが含まれた食品があふれる中、夫婦やカップルが一緒に、ローカル・フード(Local food)を活用して天然料理を作ることで、健康な暮らしについて考えてみようというものです。

    エコフード作りの様子

        「エコ・ロマンチスト」は本来、「ローカルフード」について紹介する目的で企画されたプログラムですが、10月に実施したところ反応が良かったため、11月からは子ども連れの家族を対象に蘭芝生態湿地園とキャンプ場で開かれる「エコキャンプ」のプログラムに含めることになりました。

        子どもたちとともに「ローカルフードとエコクッキング」を体験してみたい方は、「団体エコキャンプ(毎週火・水・木・金)」または「蘭芝1泊2日家族漢江エコキャンプ(第2、4週の土~日)」にご参加ください。また、高徳(コドク)水辺生態復元地では、毎月1回、子どものいる親を対象に「わが子のための安全な食べ物」教室を実施しています。子どもたちがよく食べるお菓子や飲み物などに含まれている食品添加物を実験を通して直接、確認することで、子どもたちにどんな食品を食べさせるべきかについて、もう一度真剣に考えてみようというものです。

        11月のプログラムはすでに始まっているのでご参加できませんが、12月の生態プログラムをお申し込みになれば、ご参加できます。