Go to Main Content Go to Footer Content

[2015] 市長挨拶

A A
  • ビジネスしやすいソウル、 創業しやすいソウルを目指します。

  • SMG 189
    image_pdfimage_print

    2015ソウル創業企業投資説明会

    日付 2015年3月26日 | 場所 ヨンサン(龍山)区青年創業プラスセンター

    皆様、こんにちは。お会いすることができて嬉しいです。ソウル特別市長パク・ウォンスンと申します。お忙しい中、「2015ソウル創業企業投資説明会」にお越しいただき、ありがとうございます。本日事業計画を発表するスタートアップは、13対1を超える競争率を乗り越えて新しい機会を掴んだ方々ですが、実際にこの場で見ると、多くの創業家がこのような機会を熱望していることを、改めて確認することができました。

    そこでソウル市は、より多くの方々に良い創業機会を提供するため、民間創業支援機関と協力することになりました。今後、優秀なスタートアップ企業に対して、さらに積極的な投資が行われる環境がつくられていくと思います。

    本日この場も、そのような努力の一環です。民間投資会社と創業企業との接点の場をつくって、投資会社が現場で直接投資を決定し、企業を支援する創業企業投資説明会を、これから毎月開催する予定です。創業を希望する人なら誰でも参加して、専門投資会社のコンサルティングと投資を受けられる、良い機会になると思います。

    本日は、その第一歩を踏み出す非常に重要な日です。先ほど、ソウルの創業企業に計28億ウォン規模の投資意向を示した民間投資会社らと了解覚書を締結し、「ソウル創業企業投資支援センター」の開所式も行われました。これからソウル創業企業投資支援センターを中心に、投資会社と積極的に協力しながらスタートアップ企業を集中的に育成し、教育及びネットワークを通じた企業の投資力強化に、最善を尽くしていきます。また、「チャレンジ1000プロジェクト」による青年創業の支援や、現在造成している「ソウル創業ハブ(マポ<麻浦>区コンドク<孔徳>洞)」など、優秀な創業企業を輩出するためのインフラづくりも続けていくつもりです。

    今後ソウル市は、企業しやすいソウル、創業しやすいソウルづくりを行い、多くの企業がもっと誕生して雇用が増えることで、皆でともに成長していきます。1千万人の市民がともに幸せな「株式会社ソウル特別市」の夢を、今後も継続していきます。

    創業企業の皆様、これからも挑戦し続けてください。ソウル市が身近でいつも応援し、支援いたします。本日意義深い場にお越しくださった皆様、そして発表企業の皆様に実りある結果がありますように、お祈り申し上げます。ありがとうございました。