Go to Main Content Go to Footer Content

国際交流ニュース

A A
  • パク・ウォンスン(朴元淳)市長 中国3拠点都市「実事求是」歴訪

  • SMG 1712
    image_pdfimage_print

    パク・ウォンスン(朴元淳)市長は、11月3~8日(5泊6日)に中国の上海市、四川省、山東省の3市・省を歴訪しました。

    [中国四川省成都市で開かれた第3回WeGO総会で会議を進行するソウル市のパク・ウォンスン(朴元淳)市長]

    上海市と山東省は中国経済の中核拠点都市で、四川省は中国西部大開発の中核地域です。今回の訪問は交流協力の扉を開くソウル市代表団の最初の公式訪問ということに大きな意義があります。

    民選6期「ソウル型創造経済」の根幹である海外投資及び観光客誘致と関連し、上海市で中国銀行など優秀企業の財務的投資家を対象としたソウル市投資環境説明会を、四川省では中国の旅行会社及び関連機関約100人とソウル市の中核観光関係者が参加する観光説明会を開催しました。

    [四川省‐ソウル市友好協力に関するMOU]

    [上海市の楊雄市長とソウル市のパク・ウォンスン市長‐上海市と実質的友好協力に関するMOUを締結]

    四川省の観光説明会では、パク市長自らプレゼンテーションを行う「トップセールス」と、ソウル市の14の関連機関がマンツーマンのビジネス商談を行う実質的マーケティング活動が展開されました。また、四川省成都市にあるユネスコ世界文化遺産「都江堰」(2000年登録)を訪問し、ソウル市を代表する遺産のユネスコ文化遺産登録に向けた構想を練り、孔子と孟子を輩出した都市の山東省では両都市の博物館同士の実質的交流協力を約束する業務協約を締結しました。

    中国各都市との中核的協力分野の一つである大気質問題については、2014年6月にソウル市‐山東省の大気質改善協力に関するMOUの締結以来初の共同開催イベントとしてソウル市‐山東省の「環境技術協力フォーラム」が開かれました。

    また、3都市の市長・省長と面会し、各都市ごとにネットワークを強化するとともに、交流協力を拡大・深化させる内容のMOUを締結しました。

    [中国四川省成都市で開かれた第3回WeGO総会‐総会議長都市として挨拶するソウル市のパク・ウォンスン市長]

    [WeGO Awardsで表彰を受けるパク・ウォンスン市長]

    また、パク市長は、成都市で開かれた第3回WeGO(世界都市電子政府協議体)総会に議長都市座長として出席しました。世界都市電子政府協議体(WeG0)は、世界各都市間の電子政府の国際交流と連携強化による持続可能な発展を図り、電子政府優秀事例の共有・発信を通じた行政の能率性・透明性向上を目指す世界電子政府ネットワークで、現在世界6大陸、86都市が加盟しています。

    ※ 議長都市:ソウル市、副議長都市:7都市(首席副議長:成都市)

    パク・ウォンスン市長は、「実事求是外交に力点を置く今回の中国訪問を通じ、中国の経済・投資・文化の拠点都市でソウル市の力量を紹介し、市民・企業の力になる都市間の交流協力の枠組みをつくる計画だ。それを通じ、ソウル型創造経済の基盤を固める一方、大気質改善に向けた共同協力において北東アジア諸国との国際連携が重要であることを強調し、ソウル市が先頭に立って主導的に推進していきたい」と述べました。

    [中国四川省成都市で開かれた第3回WeGO総会で、外賓らと挨拶を交わすソウル市のパク・ウォンスン市長]

    [上海‐ソウル投資環境説明会]