市長動静

A A
  • パク・ウォンスン市長、フォーブスが紹介した韓国経済の構造を変える「経済民主化市長」

    SMG 1301
  • 2016.9.26. アメリカの3代経済雑誌の一つであるフォーブス(Forbes)が、パク・ウォンスン市長を「中小企業を生かすために大手企業に立ち向かう市長」と紹介した。また、パク・ウォンスン市長を韓国の巨大企業である「財閥」による韓国経済の支配に対する反対運動を主導している「経済民主化市長」として紹介した。

    フォーブス(Forbes)は、パク市長の「参与連帯の設立者」の履歴を言及し、パク市長は、10%に近い韓国の青年(15~29歳)失業率問題など、韓国経済の困難を打開し、経済活性化を模索するため、「経済民主化都市ソウル」を宣言したと明かした。

    さらに、中小企業・スタートアップ支援のため、「デモデー」を通じて、直接韓国スタートアップのセールスに乗り出したパク市長の歩みと、大学が密集しているソウルの特徴と力動的なソウル経済のアイデンティティを最大限に活用すると言うパク市長の計画も一緒に紹介した。

    パク・ウォンスン市長は、「懸命に働く人々が希望を持てるように、我々の社会の格差を解消していかなければならない」といい、「中小企業が市場で実質的な経済力を持てるように支援し、ソウル型経済民主化政策を拡大し、我々の社会の格差を減らしていく」といった。

    フォーブスの記事を見る