Go to Main Content Go to Footer Content

文化/観光ニュース

A A
  • ハンガン(漢江)公園の野外プールを開場

  • SMG 159

    ソウル市は2019年6月28日から8月25日まで、トゥクソム、クァンナル、チャムシル(蚕室)、チャムォン(蚕院)、ヨイド(汝矣島)の野外プールとヤンファ(楊花)・ナンジ(蘭芝)水遊び場をオープンする。しかしマンウォン(望遠)野外プールの場合、ソンサンデギョ(城山大橋)の北端性能改善工事のため利用できない。

    ハンガン(漢江)野外プールと水遊び場は、都心にあるので遠くまで出かける必要もなく、ハンガン(漢江)を眺めながら手軽な費用で水遊びを楽しめるため、夏の避暑地として毎年大勢のソウル市民が利用している。

    特に2019年はプールの底や壁の塗装、ろ過器、シャワー施設などの整備工事を行い、快適かつ安全な環境を準備した。また衛生的な環境を提供するため、仮設トイレを交換して利用者の利便性をさらに高めた。

    利用可能時間は毎日午前9時から19時まで。利用者は水質管理と他の利用者に不快感を与えないようスイムキャップの着用が義務付けられている。

    ハンガン(漢江)野外プールは、大人プール、青少年プール、こどもプール、幼児プールに分けられており、年齢別に安全かつ快適に利用できる。シャワー施設、簡易売店、エアバウンスなどの各種付帯施設も整っている。

    プールの利用料金は大人5,000ウォン、青少年4,000ウォン、こども3,000ウォン。水遊び場の利用料金は、大人3,000ウォン、青少年2,000ウォン、子ども1,000ウォンである。満6歳未満の乳幼児は無料で、駐車料金は水遊び施設の責任者の確認がもらえたら50%割引。

    ゼロペイでの決済時には入場料の10%が割引される。ただし、他の割引との併用はできない。ゼロペイ決済時の割引サービスは、チャムシル(蚕室)、チャムォン(蚕院)、ヨイド(汝矣島)の野外プール及びヤンファ(楊花)、ナンジ(蘭芝)の水遊び場では受けられるが、トゥクソムとクァンナルの野外プールは割引対象外である。