Go to Main Content Go to Footer Content

文化/観光ニュース

A A
  • ハンガン(漢江)公園、秋のおすすめ散策路4選

  • SMG 82
    image_pdfimage_print

    ソウル市は、ハンガン(漢江)の美しい秋景色の中から、都心に隠れている秘宝のような散策路やハンガン(漢江)に沿って歩く川の道コースなど、秋の情趣を思う存分楽しめる散策路4か所を紹介する。

    ① ロマンとキャンプを同時に楽しめる「ナンジ(蘭芝)葦の森散策コース」

    秋の散策のロマンとキャンプを同時に楽しみたければ、ナンジ(蘭芝)ハンガン(漢江)公園の散策コースがおすすめだ。ナンジ(蘭芝)葦の森散策コースは、江辺水遊び場から生態湿地園までのコースだ。ハンガン(漢江)に沿って歩くと、自然の生態系による印象的な風景を満喫できる。

    ナンジ(蘭芝)葦の森散策コースは、ナンジ(蘭芝)キャンプ場と同時に楽しめて一挙両得だ。空気の澄んだ秋に楽しむキャンプはいちだんと爽やかで、夜には美しくロマンチックな夜空を眺めることができる。

    アクセス方法は、6号線ワールドカップ・キョンギジャン駅1番出口から平和公園歩道橋、ホンジェチョン(弘済川)散策路(自転車道)へ進むと、ハンガン(漢江)公園に進入することができる。

    ハンガン(漢江)公園、秋のおすすめ散策路4選
    ナンジ(蘭芝)ハンガン(漢江)公園生態湿地園 ナンジ(蘭芝)ハンガン(漢江)公園葦の森散策コースラウンド散策路
    ナンジ(蘭芝)ハンガン(漢江)公園
    生態湿地園
    ナンジ(蘭芝)ハンガン(漢江)公園
    葦の森散策コースラウンド散策路

    ② ユニークな「ミューレンベルギア・カピラリス」などの草の香りに満ちた「チャムォン(蚕院)散策コース」

    2018年に造成されたチャムォン(蚕院)ハンガン(漢江)公園のグラス庭園は、多彩なカラーと質感を持つ草でいっぱいのユニークな秋景色が広がっている。特に、秋の日差しにぴったりの華やかな「ミューレンベルギア・カピラリス」が満開して、写真撮影におすすめのスポットとして脚光を受けている。

    アクセス方法は、3号線チャムォン駅4番出口を出て、シンチャムォン(新蚕院)地下通路を通り過ぎると、ハンガン(漢江)公園に進入することができる。

    ハンガン(漢江)公園、秋のおすすめ散策路4選
    チャムォン(蚕院)ハンガン(漢江)公園ミューレンベルギア・カピラリス チャムォン(蚕院)ハンガン(漢江)公園グラス庭園
    チャムォン(蚕院)ハンガン(漢江)公園
    ミューレンベルギア・カピラリス
    チャムォン(蚕院)ハンガン(漢江)公園
    グラス庭園

    ③ ヒノキの森の道に沿ってつづく色とりどりの「ヒノキのトゥクソム森の道散策コース」

    トゥクソム・ハンガン(漢江)公園の森の道は、広々としたハンガン(漢江)を展望すると同時にヒノキ林を楽しめるスポットだ。約600本のヒノキに囲まれた「ヒーリングの森」を歩けば、木々の間から立ち上るフィトンチッドの香りの中で、ハンガン(漢江)の景色を観賞できる。ヒーリングの森を出てバラ園を通り過ぎると、人が1人2人やっと通れるほどに細い、「恋人の道」とも呼ばれる道が現れる。

    アクセス方法は、7号線トゥクソムユウォンジ駅2番出口を出て、トゥクソム地下通路を通り過ぎると、ハンガン(漢江)公園に進入することができる。

    ハンガン(漢江)公園、秋のおすすめ散策路4選
    ヒーリングの森 恋人の道
    ヒーリングの森 恋人の道

    ④ 子どもにおすすめ! 魚の道を観察できるチャムシル(蚕室)魚道探訪路

    チャムシル(蚕室)ハンガン(漢江)公園のチャムシルテギョ(蚕室大橋)付近から始まる水辺の散策路に沿って歩いていくと、チャムシル(蚕室)生態公園の魚道探訪路が現れる。魚の道を楽しめるので、子ども連れの家族におすすめの散策コースだ。

    魚道に沿って上流へ歩いていくと、葦が風流に舞い踊る秋のロマンに満ちた散策路が現れる。涼しい川の流れと金色になびく葦は、写真撮影にもおすすめのスポットだ。

    アクセス方法は、2号線チャムシルナル駅4番出口を出て、歩道橋とチャムシルナル駅地下通路を進むと、ハンガン(漢江)公園に進入することができる。

    ハンガン(漢江)公園、秋のおすすめ散策路4選
    魚道探訪路 魚道探訪路 魚道探訪路
    魚道探訪路