Go to Main Content Go to Footer Content

環境/エネルギーニュース

A A
  • ハンガン(漢江)が回復しつつある! 4種類のテーマを持つハンガン(漢江)の森の造成完了

  • SMG 279
    image_pdfimage_print

    ソウル市はハンガン(漢江)自然回復事業の一環としてチャムシル(蚕室)・ヨイド(汝矣島)・チャムォン(蚕院)などの4か所に「ハンガン(漢江)の森」造成を完了し、8月から市民に公開している。

    新しく造成されたハンガン(漢江)の森は計40,800㎡の規模で、37,412株の多彩な樹木を植栽し、河辺の景観と位置を考慮した4種類のテーマで各エリアを多彩に造成した。

    ハンガン(漢江)が回復しつつある! 4種類のテーマを持つハンガン(漢江)の森の造成完了

    チャムシル(蚕室)ハンガン(漢江)公園には小動物の生息地および野鳥の食糧となる樹木など計23種12,267株の樹木を植栽し、生態環境の改善を通じて種多様性の回復のための「チャムシル(蚕室)生態の森」に造成した。

    チャムォン(蚕院)ハンガン(漢江)公園では、公園を利用する市民に木陰を提供し、憩いのひと時を楽しめる空間である「チャムォン(蚕院)ヒーリングの森」に造成した。

    また、ハンガン(漢江)「ポプラ百里道」は「クァンナル~カンソ(江西)ハンガン(漢江)公園」まで(約40km)静かな川辺の情趣を満喫しながら歩くことができる森の道だ。約1,800株のポプラの木がハンガン(漢江)の河辺に沿って植栽され、まるでゴッホやモネの名作の中にあるポプラの森を思わせる。

    「ハンガン(漢江)の森造成事業」はソウル市とハンガン(漢江)を愛するソウル市民・団体・企業などの自発的な参加により進行され、人と自然が共生することができる環境をともに作り上げていく事業である。

    ハンガン(漢江)が回復しつつある! 4種類のテーマを持つハンガン(漢江)の森の造成完了
    ヨイド(汝矣島)緩衝の森 チャムシル(蚕室)生態の森
    ヨイド(汝矣島)緩衝の森 チャムシル(蚕室)生態の森
    チャムォン(蚕院)ヒーリングの森 ポプラ百里道
    チャムォン(蚕院)ヒーリングの森 ポプラ百里道