メインコンテンツに移動
T T

ソウル通信

ソーシャル・ディスタンシング第2段階「ソウル型防疫措置」を施行

福祉/健康/安全ニュース

ソーシャル・ディスタンシング第2段階「ソウル型防疫措置」を施行

11月24日0時よりソーシャル・ディスタンシングが第1.5段階から第2段階へ引き上げられる。ソウル市は24日から年末までの期間を「一千万人ソウル市民の『緊急停止』期間」として宣言し、10大施設向け「ソウル型精密防疫」を施行する。 クラスターが頻発した10種の施設に対し、感染拡大が広まった要因を分析するとともに、カスタマイズ型防疫措置を追加することにより、感染リスクを実質的に下げていくという狙いだ。 ソーシャル・ディスタンシング第2段階「ソウル型防疫措置」を施行 区分 現在の第1.5段階措置 第2段階における追加措置 浴場業 ▶マスク着用、出入者名簿の管理、換気・消毒など ▶施設面積4m2当たり1名に人数を制限 ▶飲食禁止(水・ソフトドリンクは可) ▶施設面積8m2当たり1名に人数を制限(入口などに利用可能人数に関する案内を掲示) <ソウル型対策強化措置> ▶浴場内の発汗室の運営を禁止 ▶共用品の空間では、対人距離1mが確保できるよう区画を表示 ▶あかすりスペースでの会話禁止の案内を掲示 ▶更衣室のコインロッカーは、一つ以上間隔を空けて使用するよう表示 室内体育施設 ▶マスク着用、出入者名簿の管理、換気・消毒など ▶施設面積4m2当たり1名に人数を制限(入口などに利用可能人数に関する案内を掲示) ▶飲食禁止 ▶21時以降の運営を中断 <ソウル型対策強化措置> ▶シャワー室の運営を中断(プールは除く) ▶ダンスホールでの集まりを禁止 ▶人数制限(ソーシャル・ディスタンス(2m)を確保) ▶管理者によるマスク着用の点検、台帳の記録・管理 宗教活動 ▶マスク着用、出入者名簿の管理、換気・消毒など ▶定期礼拝などで座席数の30%以内に人数を制限 ▶集まり・食事会を禁止 ▶ 定期礼拝などにおいて座席数の20%以内に人数を制限 <ソウル型対策強化措置> ▶非対面礼拝・法会・ミサを強く勧告 ▶共用品(聖書、賛美歌の本など)は使用しない。 ▶フロア・入口など分割できる各空間において20%に人数を制限(礼拝室の最大参加人数を掲示) ▶通声祈祷(参加者全員が声を出してそれぞれ祈祷をすること)、賛美歌、讃仏歌は控える。 飲食店・カフェ ▶マスク着用、出入者名簿の管理、換気・消毒など ▶50m2以上の施設では、①テーブル間の距離2m(最低1m)を確保、②ソーシャル・ディスタンスを保持した座席レイアウト、③テーブル間の仕切りのうち一つを遵守すること ▶ビュッフェの場合、次の心得を追加で遵守 – 共用のトング・皿・スプーン等の使用の際に手指消毒剤またはビニール手袋を利用 – 食べ物を取る時、ソーシャル・ディスタンスを確保 ▶カフェはテイクアウト・配達のみ許可、飲食店は21時以降テイクアウト・配達のみ許可 <ソウル型対策強化措置> ▶列・注文待ちの場合、2m(最低1m)のソーシャル・ディスタンスを確保 ▶飲食中は会話を控える(勧告)内容を掲示 ▶会計場所に仕切りを設置、または会計場所と客との間に1m以上ソーシャル・ディスタンスを確保(床に表示) ▶売り場の入口、テーブルなどに手指消毒剤を置く。 職場での勤務 (コールセンター、流通物流センター) ▶マスク着用、出入者名簿の管理、換気・消毒など ▶各機関・各部署における在宅勤務の拡大を勧告(例:1/3レベル)...   Read more
一千万人ソウル市民の「緊急停止」期間

福祉/健康/安全ニュース

一千万人ソウル市民の「緊急停止」期間

ソウル市民の皆さん。ソウル市長権限代行のソ・ジョンヒョプ(徐正協)です。 11月23日0時現在、ソウル地域における新型コロナウイルス感染症の感染者数は、前日比112人増の合計7,625人に達しています。11月18日より急激に増加しており、わずか一週間足らずで8月の大流行の最多感染者数を超え、過去最高値を記録しました。 感染者が大幅に増えた先週の一週間の場合、ハイリスク群である65歳以上の感染者の割合も20%を超え、感染経路が不明な事例も17.7%を示しました。無症状者も依然として全体の24.2%を占め、4人の1人に達しています。 今まで新型コロナウイルス感染症の大流行は、特定の拠点からクラスターが発生する様相を見せていましたが、今回の感染は生活での感染による全方位への拡大が特徴です。もう、安全地帯はどこにもありません。 クラスターが発生した8月12日から最近の11月20日まで、感染者数が多く発生した施設の合計2,514件を分析したところ、①宗教施設が最多911件で全体の36%を占めています。②その次に職場での感染が556件で22%、③介護療養施設・病院等が354件で14%、④室内体育施設が183件で7%、⑤飲食店・カフェが143件で6%、⑥訪問販売施設が116件で5%、⑦浴場業が98件で4%の順でした。 これらの感染拡大の共通の特徴は、マスク着用、1~2mのソーシャル・ディスタンスの確保、定期的な換気が困難な「三密(密接・密集・密閉)」の環境において接触と感染が起きるということです。 ソウル市は、現在の状況を新型コロナ局面における最大の節目として厳しく認識し、ピンポイント防疫対策を設け、対応に徹します。政府と歩調を合わせ、ソーシャル・ディスタンシング第2段階に引き上げると同時に、11月24日から年末まで「一千万人ソウル市民の『緊急停止』期間」を宣言するとともに、10大施設向け「ソウル型精密防疫」を実施いたします。 クラスターが頻発した10種の施設について感染が広がりやすい要因を分析し、カスタマイズ型防疫措置を加えることで感染リスクを実質的に下げていく所存です。 第一に、宗教施設です。第2段階では、通常の礼拝‧法会‧ミサの際、座席の20%と参加人数が制限されますが、これより警戒心を高め、非対面・オンラインへの切り替えを強く勧告します。宗教界が自主的にオンライン礼拝‧法要‧ミサに切り替えてくださったその献身をもう一度発揮するという大局的な観点からの決断で感染拡大防止に率先していただくよう、切にお願い申し上げます。 第二に、職場での感染についてです。経済活動は不可欠なことで、維持されなければなりません。しかし、大変厳しい状況です。代表的な高リスク事業所とされるコールセンターは、在宅勤務などを通じて勤務人数を半分に減らすよう勧告します。また、1日2回以上、従業員の症状を確認し、2~3人以上の有症状者が発生した場合、積極的に新型コロナウイルス感染症の検査を受けさせます。 第三に、高齢者の多い、高リスクの介護療養施設とデイケアセンターでは、介護療養施設の入所者に対する面会・外出・外泊、デイケアセンターの外部講師プログラムを禁止します。新型コロナウイルス感染症の検査もさらに強化します。介護療養施設、介護療養型病院、デイケアセンター、精神科医療機関、精神療養施設など、感染リスクの高い施設の従事者・利用者約4万人に対する「先制検査」を、2週間単位で定期的に実施する予定です。 第四に、室内体育施設は、21時以降の運営停止に加え、マスク着用が困難なシャワー室の運営も中断してもらい(プールは除く)、利用者が2mの距離を確保することができるよう、人数も制限します。ダンスなど、飛沫による感染のおそれの高いダンスホールも、集合禁止とします。 第五に、飲食店とカフェです。カフェは終日、飲食店は21時以降のテイクアウトと配達のみを許可する第2段階措置に加え、注文待ちの際には対人距離2mを確保し、飲食中は会話を控えるよう勧告します。 第六に、訪問販売業については、広報館の人数を、第2段階の心得の人数制限を最大10人に減らし、防疫管理者を指定・配置して運営します。軽食、コーヒーなどの食べ物・飲み物の提供はもちろん、飲食、歌、スローガンなどを禁止し、すべての集まりは、20分以内にしていただきます。 第七に、マスク着用が困難な高リスクの浴場業では、飲食禁止、人数制限に加え、汗蒸幕(サウナ)の運営も禁止するとともに、共用品の空間では、対人距離1mが確保できるよう区画を表示していただきます。 第八に、残りの3つの施設は、最近感染者の発生は多くありませんが、修学能力試験と各大学の論述‧面接を控え、特別管理を必要とするカラオケ、ネットカフェ、塾です。カラオケの場合、21時以降の営業中断に加え、ソウル市はさらに各ルームの人数制限を勧告します。ネットカフェでは、飲食禁止、ソーシャル・ディスタンスを保持した座席レイアウト、座席における飛沫遮断が可能な高さの仕切りの設置を勧告します。塾では、飲食禁止等を加え、自習室などの共用スペースの利用者を50%に制限します。 次は病状や生活治療センターの稼働率について申し上げます。22日20時現在、首都圏における感染症専門病院の病床稼働率は51.3%であり、ソウル市は61.9%です。ソウル市重症患者専門の治療病床は53床のうち42床が利用中で、すぐに利用可能な病床は11床しか残っていない状況です。生活治療センターは、現在4か所を運営しており、稼働率は60.6%です。順次4か所を追加で確保する予定ですが、このままでは、公共医療システムが支えられないレベルにまで達するかもしれません。今すぐ、総力を挙げて拡大の勢いを阻止しなければならないのです。 市民の皆さん。 2020年の初めから私たちは数々の困難をともに乗り超えてきました。 そして今、私たちは再び重大な岐路に立たされています。 今回の危機を乗り超えなければ、これまでのすべての努力と犠牲が水の泡となってしまいます。 新型コロナウイルス感染症がすべてを止めてしまう前に、私たちが止めなければなりません。 防疫の全面戦争、総力戦の時は、今です。 私たちには、隠れる場所も、ためらう時間も残されていません。 新型コロナウイルス感染症の防疫対策は、皆さんと皆さんの周囲の人々から始めましょう。 ① 寒くても2時間に一度は換気させる。 ② 忘年会は控え、家で家族と一緒に過ごす。 ③ 換気ができない施設では長く留まらない。 ④ 少しでも感染が疑われる場合は、すぐに検査を受ける。 ⑤ マスク着用と手指消毒を徹底する。 年末年始は、この5つの市民行動心得を必ず守ってください。 皆さんが現在訪問し、人に会って、接触するすべての場所に新型コロナウイルス感染症の危険性が潜んでいるかもしれないという格別の警戒心をもって、不要不急の外出、約束、訪問を控えてください。特に食事会や飲み会の席では、マスク着用ができませんので、2020年の年末は一切の集まりや約束をキャンセルし、ご自宅で家族と一緒にお過ごしください。「集まりのない年末」だけが、「日常のある新年」を可能にします。 さらに、ソウル市では徐々に利用者の増加傾向にある公共交通機関の運行も、年末の集まりや深夜時間の不必要な移動を最小限に抑えるため、やむを得ず短縮する計画です。 市内バスは24日より、地下鉄は市民に十分に説明した上で27日より、22時以降の運行回数をそれぞれ20%ずつ減らします。今後、緊急の状況が続く場合、さらに地下鉄の終電時間も24時から23時へと短縮する予定です。 ソウル全域では、10人以上の集会も11月24日0時より別途公表の時まで全面禁止します。 人口密度が高く流動人口が多いため、感染の連鎖のおそれが高いソウルの特性を反映し、ソーシャル・ディスタンシング第3段階に準ずる措置を先回りして決断いたしました。 ソウル市では、修学能力試験や、全国から人が集まる各大学の論述‧面接試験に備えた特別対策も設けました。 市教育庁と自治区は、合同TF(タスクフォース)を稼動し、入試の段階に沿って特別集中防疫も実施する予定です。まず、修学能力試験の一週間前から、受験生の訪問が頻繁な飲食店やカフェなど6種の重点管理施設に対して集中防疫を行います。予備校全体と教習所など1,800か所では、防疫心得の点検に徹する計画です。カラオケやネットカフェ、映画館の3種の施設に対しても点検を実施します。 そして、ソウル市は率先して従事者の服務を強化し、職場における防疫をリードすることで、民間企業にまで拡大していきます。 職員の3分の1は在宅勤務を実施するとともに、受験生のいる職員は、修学能力試験日(12月3日)まで、原則として在宅勤務にします。10人以上で外部での食事や飲み会は厳しく制限し、個人的な集まりも控えるようにします。 市民の皆さん。 日常の休みが感染拡大の休みにつながり、最終的には終息につながるよう、生業に必要な最小限の活動以外は控える「一千万人ソウル市民の『緊急停止』期間」に、積極的にご協力いただきますようお願いいたします。 さらに、被害に耐えながらも防疫当局に協力してくださっている中小企業と自営業の方々にも心より感謝申し上げます。よろしくお願いいたします。
[インタビュー] 科学者のデニス・ホン、「ソウル市民の新型コロナウイルス感染症への対応は世界最高!」

国際交流ニュース

科学者のデニス・ホン、「ソウル市民の新型コロナウイルス感染症への対応は世界最高!」

世界的なロボット工学者のデニス・ホン(UCLA機械工学科)教授が最近、韓国を訪れた。彼は「ソウル市広報大使として委嘱され、すぐに飛んで来た」と、新型コロナウイルス感染症のパンデミックの中、故国を訪れた理由を伝えた。 ヒューマノイドロボットの開発に勤しんでいる彼は、体が十個あっても足りない状態だ。ホン教授は、グローバル科学雑誌『ポピュラーサイエンス』が選定した「科学を揺るがす若い天才10人」に名を上げた。世界的なロボット研究所である「UCLA ロメラ研究所」の所長を務めている。世界で初めて視覚障害者向けの無人自動車を開発した。 ホン教授は新型コロナウイルス感染症のような非常事態において、ロボットがポジティブな役割を担うと確信している。米国でも説破しているところだ。 「新型コロナウイルス感染症が広まった場所などで、防疫や消毒をしたり、患者を看病したりする危険な仕事を、ロボットが人間の代わりに行うことができる。非対面・非接触が重要視され、ビデオ会議や遠隔教育が脚光を浴びているが、ロボットはその効果が倍になるようサポートできる」と語った。 そして、人間ができる仕事とロボットが代わりにできる仕事をはっきりと区分した。ソウル市が新型コロナウイルス感染症の長期化により、疲れた市民を癒やすために始めた「心の防疫」キャンペーンが良い例といえる。 「ロボットが人の心をケアする役割を果たせないわけではない。しかし、人の方が上手くできること、すべきことがある。人に共感し、コミュニケーションし、ケアすることはロボットではなく、人間の役目だ」と語った。 今回の訪韓を通じて、ホン教授はソウルが都市を封鎖することなく、徹底した生活防疫により日常を守る姿を見て、どのような印象を受けただろうか。 「とても素晴らしい。世界最高水準で上手く対応している。マスクの着用やQRコードで出入りするなど、すべて印象的だった。ソウル市が本当に努力しているが、すべては市民がしっかり付いてきてくれているから可能なことだと思う。100点満点中、200点をあげても足りないくらいだ」と語った。

ギャラリー

マルチメディア