メインコンテンツに移動
T T

ニュース

ソウル市、路地・伝統市場などへ「ユニバーサルデザイン」を取り入れ、安全かつ快適に変身

都市建築ニュース

ソウル市、路地・伝統市場などへ「ユニバーサルデザイン」を取り入れ、安全かつ快適に変身

ユニバーサルデザインとは、性別、年齢、身体状態、文化的背景などによらず、すべての使用者に対して配慮したデザインを意味する。ソウル市は、「公共空間のユニバーサルデザイン適用事業」として、▴住居地域:チュンシン(忠信)ウィッ城郭村(チョンノ(鍾路)区チュンシンドン(忠信洞))、▴伝統市場:ファゴク(禾谷)中央路地市場(カンソ(江西)区ファゴクドン(禾谷洞))、▴公共オープンスペース:カサンデジタルダンジ駅周辺(クムチョン(衿川)区カサンドン(加山洞))の3つの地域において環境改善を完了した。 丘陵地にある住居地域の「チュンシン(忠信)ウィッ城郭村」では、夜間でも安全に階段を登れるよう、老朽化した階段を整備し夜間照明と波形の手すりを設置した。「ファゴク(禾谷)中央路地市場」には、大きな文字、絵文字、照明などを活用した案内サインを新しく整備し直すことで、遠くからでも見やすいよう改善させた。「カサンデジタルダンジ駅周辺」では、会社員の喫煙場所として利用されていた公共オープンスペースに、ベンチと木が植えられた快適な休憩施設を設置してより多様な市民が利用できるようにした。 ソウル市は、市民が日常の中で毎日接する空間において、安全を脅かされたり不便を感じるという問題を、デザインを通じて減らしていくべく、2015年から「公共空間へのユニバーサルデザイン適用事業」を実施している。これまで、高齢者センター、保健所など8か所を改善しており、その過程と適用事例をガイドブックとして制作・配布して他機関と民間にも広まるよう促している。 今回事業が完了した3か所は、2018年から毎年公募を通じて選ばれた場所である。市と自治区が共同で各空間と主な利用者の特性を調査・分析したうえで、事業の全過程において実際の利用者である住民たちが活発に参加して、多様なニーズに対応した。特に、それまで当該地域にて推進中だった整備事業などの事業と連携することで、改善効果を最大限に高めることを心がけた。 ソウル市は、今回事業を完了した3つの地域と類似するタイプの別の空間でもユニバーサルデザインを適用できるよう、タイプ別ガイドブックを制作して、関連部署に指針として活用できるよう配布する予定だ。 住居地域(チュンシン(忠信)ウィッ城郭村) 住居地域(チュンシン(忠信)ウィッ城郭村) <改善前> <改善後> 伝統市場(ファゴク(禾谷)中央路地市場) 伝統市場(ファゴク(禾谷)中央路地市場) <改善前> <改善後> 産業団地(カサンデジタルダンジ駅一帯) 産業団地(カサンデジタルダンジ駅一帯) <改善前> <改善後>
首都圏、10月18日~10月31日の2週間、ソーシャル・ディスタンシング第4段階を継続

福祉/健康/安全ニュース

首都圏、10月18日~10月31日の2週間、ソーシャル・ディスタンシング第4段階を継続

変わる「ソーシャル・ディスタンシング」のお知らせ ソーシャル・ディスタンシング内容の調整 – (期間) 2021年10月18日(月)~10月31日(日)、2週間 – (段階) 首都圏第4段階 + 非首都圏第3段階を維持 主な内容 – (私的な集まり) 複雑になっていた私的な集まりの基準をシンプルにし、予防接種完了者に対しては私的な集まりの制限を緩和 <各日付における18歳以上及び年齢別の予防接種完了者の割合(%)> 各日付における18歳以上及び年齢別の予防接種完了者の割合(%) 日付 全国民 18歳以上 年齢別 予防接種完了者の割合 18~49歳 50~59歳 60歳以上 10月3日 52.5 61.1 38.6 79.3 87.5 10月15日 62.5 72.7 55.6 91.2 89.7 * 10月18日(月)のソーシャル・ディスタンシング適用時点を基準に2週間前となるのが10月3日(日) 首都圏 (変更前) 第4段階の地域では18以前は4人まで、18時以降は2人まで可能。ただし、飲食店・カフェ及び家庭において集まる場合のみ予防接種完了者を含め6人まで可能。 (変更後) すべての大人数の利用施設等において、未接種者は4人まで可能だが、接種完了者を含める場合は8人まで可能。 <首都圏の第4段階における私的な集まりに対する適用基準> 首都圏の第4段階における私的な集まりに対する適用基準 区分 変更前 変更後 適用施設 飲食店・カフェ (及び家庭) その他 施設の制限なし 人数 18時以前:4+2人...   Read more
ソウル市、ビューティー産業育成のための「ビューティー都市ソウル」ブランド公募展開催

文化/観光ニュース

ソウル市、ビューティー産業育成のための「ビューティー都市ソウル」ブランド公募展開催

応募リンク もっと K-POPや映画など、様々な韓流文化がファッション、ライフスタイル、ビューティーなどへと広まりつつある。そこで、ソウル市は、「世界のトレンドをリードする世界ビューティー産業の中心都市ソウル」をテーマに、「ビューティー都市ソウル」ブランド公募展を10月18日から11月7日の3週間にわたり開催する。 「世界のビューティートレンドをリードして世界のビューティー産業の中心都市として跳躍するソウル」をテーマに、世界中の人々に愛されるソウルの化粧品や、伝統を解釈しなおして新たなトレンドを生みだすソウルのファッション、内面の美まで生み出すソウルの医療、健康の喜びや私たちの身体も楽しませてくれるソウルのフードなど、ソウルの多様なビューティー資産をもとに「ビューティー都市ソウル」を表現してアピールすることができるネーミング(名前)と動画を公募する。 公募分野は、ネーミング(名前)と動画の2つだ。ネーミングは30文字以内の英単語の組み合わせで「ビューティー都市ソウル」を表現できるブランドを制作し、動画は20秒以内のデジタルファイルで「ビューティー都市ソウル」を表現できる動画を制作する。 公募展に関心がある韓国人だけでなく、韓国内外に居住する外国人まで誰でも自由に応募でき、ソウル市を代表するコミュニケーションポータル「私の手の中にソウル」と「ソウル市外国語ホームページ」を通じてオンラインで応募することができる。 審査は、予備審査、専門家審査などを通じて実施され、選定結果は12月中に発表される。受賞作品は、ソウルのビューティー産業育成のための事業及び事業の広報に活用される予定だ。ネーミングは、「ビューティー都市ソウル」の事業広報動画や広告物の制作に活用され、動画は、ソウル市の韓国内外のSNSチャンネルを通じて配信されたりソウル市のイベントで活用される計画だ。 今回の公募は、K-ビューティーに関心のあるソウルを愛する韓国内外のグローバルシチズンが直接制作した優秀な作品を活用するという点が非常に意味深いといえる。
ソウル市主導によって創立された「世界スマートシティ機構(WeGO)」10周年記念ソウル総会

ニュース

ソウル市主導によって創立された「世界スマートシティ機構(WeGO)」10周年記念ソウル総会

ソウル市の主導によって創立された、スマートシティ分野における最初かつ最大の国際協議体、「世界スマートシティ機構(WeGO)」の第5次総会(ソウル総会)が、18日(月)15時にトンデムン(東大門)デザインプラザにてオンライン・オフラインで開催される。 世界スマートシティ機構(WeGO、World Smart Sustainable Cities Organization)は、世界の都市・企業間におけるスマートシティに関する協力・交流を促進して、持続可能な発展を模索するため、ソウル市の主導によって創立されたスマートシティ分野初の都市・企業の国際協議体(PPP、Public Private Partnership)である。2010年の創立当時は会員都市50都市から出発し、現在は158の世界都市をはじめとする全213の都市・機関・企業が会員として参加する世界最大規模の国際協議体へ成長を遂げた。 「ニューノーマル時代におけるあらゆる人々のためのスマートソリューション(New Normal with Smart Sustainable Solutions for All)」というテーマで、議長都市であるソウル市をはじめモスクワ、ウェリントン、成都、バンコク、ウランバートルなど50の都市代表と国際機関、ICT企業など、全150名以上がビデオで参加して知恵を出し合う。 今回のソウル総会は、「創立10周年」である昨年2020年に開催される予定だったが、新型コロナウイルス感染症の拡散により中止され1年延期となり、議長都市であるソウルで今年2021年に開催されることとなった。前回の4次総会から4年ぶりに開かれる総会である。 WeGO創立10周年を記念して開催されるこのソウル総会は、WeGOの長であるオ・セフン(呉世勲)市長の開会の辞(ビデオ)を皮切りに幕が上がる。▴創立10周年記念行事(開幕式)、▴WeGO持続可能都市アワード授賞式、▴機構の運営方向を論議する本会議、▴都市・IT企業の広報などのプログラムが展開される。 第5次WeGOソウル総会は、ライブソウル(http://tv.seoul.go.kr)とWeGOのYouTubeチャンネル(https://www.youtube.com/channel/UCZlWjleK_PwJuSgOgTxFipA)で生中継され、誰でも視聴することができる。

ギャラリー

マルチメディア