Go to Main Content Go to Footer Content

プレスリリース

A A
  • ディズニー「ミッキーマウス」がソウルへ、 3周年「I・SEOUL・U」とコラボ

  • SMG 21
    image_pdfimage_print
    • I・SEOUL・Uの3周年、ミッキーマウス誕生90周年記念で、「I・MICKEY IN SEOUL・U」のコラボ・ブランド・キャンペーン実施
    • K-pop、漢江など文化コンテンツのファンが多く、今注目の都市ソウルにデイズ二ーから提案
    • コラボ・ロゴをディズニーの韓国・グローバルSNSに載せ、I・SEOUL・Uを世界に広報
    • ミッキーマウスが28日、市民庁にて低所得層に送るギフト・ラッピング・イベントを実施、12月初ソウルをツアーしながら市民と出会う

    アメリカに住んでいるディズニーのミッキーマウスが、韓国ソウルに初めてやってくる。11月28日(水)入国し、まずソウル市庁を訪問する。12月初めには、NソウルタワーやDDPなど観光スポットを巡りながら市民たちに出会う。ソウル市は、本イベントを事前に盛り上げるため、「I・SEOUL・U」と「ミッキーマウス」が出るティーザー広告を、ソウル全域の地下鉄や屋外ビジョンなどで公開し、コラボ・ロゴもディズニーとソウル市の公式SNSに載せる。

    ミッキーマウスは、かわいくて明るい顔で、誕生以来90年間、世界のアニメ史上、最も愛されているディズニーの代表的なキャラクター。「蒸気船ウィリー(Steamboat Willie)」という劇場版アニメで世の中に登場した1928年から2013年まで、計121本の映像、約3万巻以上の図書・雑誌・漫画、約90本のテレビアニメに出演し、世界の子どもたちの親友となった。ニューヨーク、LA、ロンドン、上海など世界主要都市を巡り、各国のファンたちに出会ってきたミッキーマウスが、今回初めてソウルにやってくるのだ。

    ソウル市は、ミッキーマウスのソウル訪問を迎え、ソウルの代表ブランド「I・SEOUL・U」とコラボレーションし、「I・MICKEY IN SEOUL・U」という名で多様なブランド・キャンペーンを行うと発表した。今回のコラボは、「I・SEOUL・U」の3周年とミッキーマウス誕生90周年を記念し、ウォルト・ディズニー・カンパニー・KOREA(以下ディズニーKOREA)の提案によって始まった。ソウル市は、国際都市としてのソウルの地位が高くなったことや、K-popや漢江などの文化コンテンツを楽しむファンたちが多く世界的に注目を集めていることが考慮され、ソウル市が今回ミッキーマウスの訪問都市に選定されたと説明した。

    コラボ・ブランド・キャンペーンの主な内容は、「I・MICKEY IN SEOUL・U」のブランド・キャンペーン映像公開、「I・MICKEY IN SEOUL・U」ブランド・キャンペーンのロゴ・コラボ、サンタ隊のギフト・ラッピング・イベント、ソウル・ツアーで構成される。

    第一に、ソウル市は、2本の「I・MICKEY IN SEOUL・U」ブランド・キャンペーン映像を制作した。この映像は、ソウル市庁本館の大型屋外ビジョンをはじめ、ソウル地下鉄1~9号線の車両内のモニター、光化門(クァンファムン)・汝矣(ヨイ)ナル・忠正路(チュンジョンノ)・会賢(フェヒョン)・東大門歴史文化公園駅のメディア・ボード電光板、ソウル市傘下機関や各区庁が所有するモニター、ソウル市内の民間ビルの屋外ビジョンなどで公開される。

    第二に、ミッキーマウスの象徴的な色といえる黒・赤を背景にミッキーマウスが入った「I・MICKEY IN SEOUL・U」のロゴを制作し、I・SEOUL・Uのブランド・フェイスブックや、ソウル市のグローバル・ホームページ、ディズニーの公式SNSチャンネル(YouTube・FaceBook・Instagram)に載せる。

    「I・MICKEY IN SEOUL・U」ブランド・キャンペーンの第1次ティーザー広告

    「I・MICKEY IN SEOUL・U」ブランド・キャンペーンのロゴ

    第三に、ミッキーマウスがソウルに到着する11月28日(水)、ソウル市庁の市民庁オープンラウンジで、「2018サンタ隊のギフト・ラッピング」イベントが行われる。ミッキーマウスだけでなく、ソウル市の職員、ディズニーKOREAの役職員、ChildFund KOREAが一緒に、低所得層の子どもたちに送るクリスマス・プレゼントを包装する。当日の夜は、ロッテ・ヤングプラザ本店で、「I・MICKEY IN SEOUL・U」の2本目の映像を公開するメディア・ファサードも披露される予定。

    最後に、12月初めには、ミッキーマウスがNソウル・タワーや東大門DDP、光化門など、ソウルの観光スポットを巡り、ソウル地下鉄にも直接乗ってみる「ソウル・ツアー」も用意している。

    ソウル市のユ・ヨンシク市民疎通企画官は、「『 I・SEOUL・U 』は、市民のブランドで、市民の生活の中で生き生きし、市民を支えるブランドへと成長してほしい。今回のミッキーマウスとのコラボだけでなく、今後も様々な社会貢献活動を通じて『I・SEOUL・U』が市民になじみ、『I・SEOUL・U』を通じて『市民中心のソウル、市民が幸せなソウル』の価値を広く伝えていきたい」と述べた。