ソルラルを迎えて開催されるチョンドン(貞洞)歴史探訪「大韓帝国の道で遊ぼう」

大韓帝国の道で遊ぼう

韓国最大の名節「ソルラル」を迎え、チョンドン(貞洞)の歴史と文化資源に市民が手軽に触れ、楽しく訪問することができるよう、韓国伝統の民俗遊びであるユンノリを活用したイベントを行う。

ソウル市は「大韓帝国の道で遊ぼう」イベントを通じて、ソルラルに家族とともに伝統遊びを楽しみながらチョンドン(貞洞)の歴史と文化資源についても学べる機会を設ける。

「大韓帝国の道で遊ぼう」には、2018年2月1日から13日まで進行するチョンドン(貞洞)の歴史探訪スタンプツアーに参加した後、ユンノリ体験団の申請を行うことで参加することができる。

スタンプツアーは、歴史的な意味があるにもかかわらず市民への知名度はない4つの機関(チュンミョンジョン(重明殿)、ペジェ(培材)学堂歴史博物館、救世軍歴史博物館、社会福祉共同募金会)を見回るよう構成されている。

  • ○ チュンミョンジョン(重明殿)は1901年に建築された皇室図書館。1904年のトクスグン(徳寿宮)火災以降は、コジョン(高宗)の執務室・外国使節の接見室として使用された。
  • ○ ペジェ(培材)学堂歴史博物館は韓国初の近代式中等教育機関であるペジェ(培材)学堂の東館として使用されていた建物である。
  • ○ 救世軍歴史博物館は1908年から韓国で宣教事業をはじめた救世軍が士官の養成と慈善・社会事業のため、1928年にレンガ造りの2階建ての建物として竣工したものである。
  • ○ 社会福祉共同募金会「分かち合い体験館」は、1998年に社会的に困難な立場にある隣人に希望を届けるため設立された社会福祉共同募金会の別館である。

チョンドン(貞洞)歴史探訪「大韓帝国の道で遊ぼう」スタンプツアーをコンプリートした市民のうちから、申込者100名(先着順)を対象に、ソルラルに家族・親戚・友人同士で楽しめるユンノリセットをプレゼントする。

  • ○ スタンプツアーをコンプリートした市民は、社会福祉共同募金会の別館「分かち合い体験館」にて4つの機関で押したスタンプの確認を受け、体験団の申請書を作成することでユンノリセットを受け取ることができる。
  • ○ 機関ごとに開館時間が異なるため、スタンプツアーに参加する市民にはあらかじめ時間を確認してから訪問することをおすすめする。

[機関の開館時間および連絡先]

機関の開館時間および連絡先
施設名 開館曜日および時間 お問い合わせ
ペジェ(培材)学堂歴史博物館 火~土曜日
(10:00 ~ 17:00)
82-2-319-5578
チュンミョンジョン(重明殿)
(トクスグン(徳寿宮)管理所)
火~日曜日
(09:30 ~ 17:30)
82-2-751-0740
救世軍中央会館 月~金曜日
(10:30 ~ 17:30)
82-2-6364-4086
社会福祉共同募金会
(愛の実)
月~土曜日
(09:00 ~ 18:00)
82-2-6262-3035

大韓帝国の道で遊ぼう