今月のフォト

A A
  • ソウル艦公園

    SMG 934
  • ソウル艦公園は、1,900トン級護衛艦である「ソウル艦」をはじめ、海洋領土の守備任務を終えて退役した艦艇3隻(護衛艦、高速艇、潜水艦)を活用してつくった水辺公園。2017年11月22日、ハンガン(漢江)マンウォン(望遠)地域に開園した。ソウル艦公園は、退役した艦艇の原型を最大限に活かし、普段はなかなか触れられない軍艦と潜水艦に直接入って内部構造や海軍の生活を体験できるよう設けられた。軍艦及び海軍の歴史、海洋技術、ハンガン(漢江)の歴史などを紹介する展示空間もあり、海軍の生活や潜水艦の構造などについて体験できる。

    ○ 住所:ソウル市マポ(麻浦)区マポナルギル407
    ○ アクセス:2号線ハプチョン駅2番出口からマポ16(マウルバス)に乗車し、マンウォン(望遠)遊水地・マポ(麻浦)区民体育センター停留場にて下車
    ○ 開園時間:夏季(3~10月) 10:00~20:00、冬季(11~2月) 10:00~17:00
    ※ 休園日:月曜日、1月1日、ソルラル(旧正月)・秋夕当日
    ○ 入場料金
    こども(満6歳~12歳):1000ウォン、青少年(満13歳~18歳):2000ウォン、大人(満19歳以上):3000ウォン
    ※ 2017年12月3日以降は有料となります。

    ソウル艦公園

    ソウル艦公園

    ソウル艦公園

    ソウル艦公園

    ソウル艦公園

    ソウル艦公園

    ソウル艦公園