Go to Main Content

ソウル市総合ニュース

A A
  • ソウル旅行記『ソウル発見』の単行本を発行

  • SMG 2100

        ソウル市は「在外同胞故国招請プロジェクト」事業で韓国に招請されたマスコミ関係者による記事と、紀行文をまとめたソウル旅行記、『ソウル発見』を発行しました。

        ソウル市は、「2010韓国訪問の年-ソウルと共に」に合わせ、在外同胞にソウルを体験する機会を与え、在外同胞と外国人の視点からソウルの魅力を見つける「在外同胞故国招請プロジェクト」事業を行いました。

    「ソウル発見」の表紙と本文

        『ソウル発見』は、この事業でソウルを訪れた世界16カ国からの45人のマスコミ関係者がソウルのあちこちを取材した記事と紀行文を再編集してまとめたものです。

        『ソウル発見』では、私たちが住んでいるソウルを伝統の趣がそのまま残る都市、流行の中心に立っているトレンディーなファッション・シティ、グローバル・シティに新しく生まれ変わったメトロポリス、そして自然と調和するエコ・シティなどと定義し、ソウルをさまざまな角度から紹介しています。

        ソウル市は、「在外同胞故国招請プロジェクト」でアジア、アメリカ、ヨーロッパなどの16カ国の45人を選抜し、2010年8月から10月までの間に3泊4日の日程でソウルを取材できるように支援しました。また、単行本『ソウル発見』を制作する前に、招請された関係者に取材の内容を紀行文または記事に作成してもらい、所属するメディアに記事として紹介、または自国の有名旅行ブログなどを通じて広報してもらいました。

        ソウル市は今回発行された『ソウル発見』を外交通商部の在外公館や海外の韓人文化院と韓国人会、国内の観光案内所、語学堂、ゲストハウスなど国内外の関連機関に配布する計画で、2011年には招請範囲を拡大して運営する計画です。