メインコンテンツに移動
T T

都市建築ニュース

  • ソウル建築ストーリーテリング公募展受賞作発表

  • ソウル市総合ニュース SMG 620

    ソウル市は「第5回私とともに過ごした建築、ストーリーテリング公募展」に応募した計1,098作品の中から専門家の審査と市民による審査を経て28作品を選定した。

    「ソウル、建築ストーリー」というテーマのもとに行われた今回の公募展では、建築物の開かれた空間を中心に人生や周囲の人々の話など些細であるけれども特別なエピソードが数多く送られてきた。特にホンデ(弘大)一帯とソンスドン(聖水洞)の話を中心に、これまで知られていなかった様々なエピソードが出品された。

    ストーリーテリング公募展の大賞に輝いたのは、50余年前に建てられたナグォン(楽園)商店街にかかわる大勢の人々のエピソードを盛り込んだメディア(動画)部門「ナグォン(楽園)商店街」であった。
    ○ メディア部門大賞作品「ナグォン(楽園)商店街」の要約
    – 「ナグォン(楽園)商店街は世界で唯一、楽器店が立ち並ぶ商店街で誕生から50年目を迎える。昔大きな夢を抱いて上京してきた若い技術者たちは、今では名人と言えるほどの風格が感じられる。50年という長い歳月とともにナグォン(楽園)商店街には多くの人々の思い出が刻まれている。ナグォン(楽園)商店街で音楽への夢を育てたミュージシャンたち、彼らと喜怒哀楽をともにした名人たち、音楽という夢を叶えるために胸をときめかせて訪れた多くの若者たちの思い出とエピソードがナグォン(楽園)商店街の真の価値ではないだろうか。

    選定された作品には受賞作品集を制作して贈呈し、建築物が持つ特性と歴史性などを広く広報してソウル市の価値を高める。また、受賞者にはソウル特別市長賞を授与し、受賞作は第11回ソウル建築文化祭(9/6~9/22)と連携して文化備蓄基地(T6)で展示する予定だ。

    2019年私とともに過ごした建築、ストーリーテリング公募展受賞作品リスト

    總作品數:25件作品

    全作品数:25作品
    部門/賞名(仮称) エッセイ メディア 合計
    エッセイ 移動式公募展 写真 動画
    大賞 1 1
    最優秀賞 1 1 1 1 4
    優秀賞 4 1 2 1 8
    奨励賞 8 1 3 12

    エッセイ16作品、写真6作品、動画3作品

    エッセイ16作品、写真6作品、動画3作品
    NO 受賞 部門 作品のタイトル 作品の画像 所在地
    1 大賞 動画 ナグォン(楽園)商店街 チョンノ区
    2 最優秀賞 エッセイ 悲しくない、 イ・ジンア記念図書館 ソデムン区
    3 最優秀賞 エッセイ 建築物とは  
    4 最優秀賞 写真 私の建築遊び場、 大林洞「太陽の家」 ヨンドゥンポ区
    5 最優秀賞 動画 監獄と呼ばれる
    図書館
    ウンピョン区
    6 優秀賞 エッセイ 不幸だった私の大学洞、考試村での大学生活 クァナク区
    7 優秀賞 エッセイ 新林洞、古いからこそ
    人間的な情が感じられるここ
    クァナク区
    8 優秀賞 エッセイ 益善洞の朝 チョンノ区
    9 優秀賞 エッセイ 二本足で考える 聖水の美学 ソンドン区
    10 優秀賞 エッセイ 移動式公募展 チュン区
    11 優秀賞 写真 意図しない創作 ヨンドゥンポ区
    12 優秀賞 写真 アパートのデザインの初めと終わり、蚕室住公5団地 ソンパ区
    13 優秀賞 動画 望遠洞、ある春の日 マポ区
    14 奨励賞 エッセイ 合井洞の川辺で ヨンサン区
    15 奨励賞 エッセイ 無言 マポ区
    16 奨励賞 エッセイ 愛の羽の広場 ノウォン区
    17 奨励賞 エッセイ モダンタイムズ: カフェ・テリム倉庫 ソンドン区
    18 奨励賞 エッセイ 私だけの島、私たちの空間 ソチョ区
    19 奨励賞 エッセイ 記憶として存在する空間 チョンノ区
    20 奨励賞 エッセイ 競争する代わりに、お互いを尊重する都市 チュン区
    21 奨励賞 エッセイ 移動式公募展先端ヨンサン駅 ヨンサン区
    22 奨励賞 エッセイ 移動式公募展  
    23 奨励賞 写真 私はあなたを撮りたかった マポ区
    24 奨励賞 写真 消えた町、玉水洞 ソンドン区
    25 奨励賞 写真 全泰壱記念館 チョンノ区