ソウル市総合ニュース

A A
  • ソウル広場において大韓民国希望遠征隊の発足式を開催

    SMG 1687
  •     7月4日午前11時、ソウル広場では国土巡礼団の96人と、スタッフやその家族など約200人が参加し、「2011大韓民国希望遠征隊発足式」が開かれた。

    希望遠征隊員代表者による宣誓, 挨拶の言葉を述べる呉世勲ソウル市長

        朴英碩(パク・ヨンソク)探検隊長以下の96人の大学生が「474kmの挑戦、情熱、分かち合い」というテーマのもとで、力強く国土縦断の旅のスタートを切る。

    希望遠征隊員たちが声高らかにファイトを宣言している, 呉世勲ソウル市長と来賓が希望遠征隊員たちと写真撮影をしている

         ソウル市と朴英碩探検文化財団が共同で主催する「大韓民国希望遠征隊」は7月4日、ソウル広場を出発し、21日まで泗川(サチョン)→陜川(ハプチョン)→尚州(サンジュ)→清原(チョンウォン)→鎮川(チンチョン)を経てソウルに戻る18泊19日間の旅を行い、21日午後4時、ソウル広場に到着し、完走式を行う。

        今年で八回目を迎える希望遠征隊の徒歩の旅は、2004年には韓国の海岸線に沿って歩き、「苦難と試練を克服し、希望のメッセージを全国に伝える」という趣旨から始まった、大学生のための国土縦断プログラムである。

        発足式には呉世勲(オ・セフン)ソウル市長をはじめとし、キャサリン・スティーブンス駐韓米大使、 成耆鶴(ソン・ギハク)朴英碩探検文化財団理事長、金熙玉(キム・ヒオク)東国大総長、 具滋俊(ク・ジャジュン)LIG損保会長、李仁禎(イ・インジョン)大韓山岳連盟会長、許英万(ホ・ヨンマン)画伯などが参加した。