Go to Main Content Go to Footer Content

ソウル市総合ニュース

A A
  • ソウル広場で開かれる二日間の世界旅行

  • SMG 1680

        ソウル市は5月7日(土)~8日(日)の二日間、ソウル広場と武橋洞(ムギョドン)一帯で「2011地球村ハンマダン(Seoul Friendship Fair 2011)」を開催する。

         今年16回目を迎える「2011地球村ハンマダン」には、9カ国の姉妹・友好都市の公演団と、53カ国の駐韓外国大使館・観光庁・文化院などが参加し、異色的な伝統公演を披露すると共に、▴世界料理展 ▴世界風物展 ▴世界の衣装体験展など、多彩なイベントが行われる。

         同期間中は、清渓(チョンゲ)広場や太平路(テピョンノ)一帯においてソウル在住の外国人向けに様々な情報を提供する「インフォメーションフェア(Information Fair)」も開催されるので、内・外国人が一緒に参加して楽しめる真の「グローバルフェア」になるものと期待される。

         ソウル広場のメインステージでは二日間にわたり、世界の9つの都市から参加した公演団の伝統公演が行われるほか、ソウル広場の一帯では「世界風物展」、「世界の衣装体験展」が開催されるなど、見どころ満載である。

         武橋洞一帯では、「世界の料理を通じて文化を交感し合おう」をテーマに世界53カ国が参加する「世界料理展」も開かれる。

         韓国に居住中の外国人友たちがいる方は、友たちを誘って12時から19時まで清渓広場一帯で開催される「インフォメーションフェア」に参加してみよう。

         申勉浩(シン・ミョンホ)ソウル市経済振興本部長は、「2011地球村ハンマダンは普段なかなか接せない世界各国の文化に触れられる絶好のチャンスなので、5月の連休は家族や友達と一緒にソウル広場で世界の文化を楽しんでもらいたい」と話した。