Go to Main Content Go to Footer Content

中核政策ニュース

A A
  • ソウル市, 地域社会サービス投資事業施行

  • SMG 2795
    image_pdfimage_print

         ソウル市は低所得層児童・青少年・障がい者・高齢者などを対象に「地域社会サービス投資事業」を本格的に推進すると明らかにした。

         地域社会サービス投資事業は地方自治体が地域特性と住民の福祉需要に当たる社会サービスを発掘・施行する事業で総 90余個の事業で構成されており、利用者に利用権(バウチャー)を支給して提供するサービスだ。90個の事業の中 7個はソウル市が開発した事業であり、残り83個は地方自治体で開発したサービスだ。 その中ソウル市が開発した 7個のサービスは▲幼児発達支援サービス ▲障がい者・高齢者のための介護旅行 ▲障がい者のための姿勢維持補助機器レンタル及びリフォームサービス ▲高齢者オーダーメード型運動処方サービス ▲精神疾患者トータルケア ▲児童・青少年ビジョン形成支援 ▲発達障害の子どもを持つ親の心理サポートなどだ。

         まず発達問題が憂慮される幼児に対して発達が遅れる領域(発達基礎、 言語発達、 初期認知、 情緒及び社会性)を促進することができる統合的早期仲裁サービスを提供することで幼児の正常な発達を支援する。

         また、 児童・青少年ビジョン形成支援サービスを通じて青少年の社会文化活動を支援して責任感ある社会構成員として成長するように助ける予定だ。

         障がい児童と青少年のためのオーダーメード型姿勢維持補助機器レンタル及びリフォームサービスは満 19歳以下の重度の身体障害、脳病変障がい児童及び青少年の成長段階に合わせて支援される。

         高齢者オーダーメード型運動処方サービスは満 65歳以上の高齢者を対象に健康状態点検及び水中運動サービスを提供して高齢者など健康脆弱階層の健康増進に尽力する予定だ。

         <電子バウチャーとは?>
         ◇政府が支払いを保証する伝票として特定の財貨やサービスを購入できるように購買力を高めてくれる所得支援形態
         ◇本人のバウチャーカードを利用してサービス利用を支払う(現物給与と現金給与の長所を組み合わせたもの