Go to Main Content
T T

国際交流ニュース

  • ソウル市 インドネシア・ジャワ州の浄水場開発に参加

  • ソウル市総合ニュース SMG 2530

    ソウル市は、インドネシア中部のジャワ州7地域の浄水場の開発事業(Revitalization of 7 Regional Water Treatment Facilities in Central Java Province, Indonesia)に参加し、韓国の中小企業の水道事業における海外進出を支援します。

    ソウル市は9月16日、インドネシア中部のジャワ州の公企業改革委員会(RBUMD)、投資公社(SPJT)、上水道公社(PDAB)と上水道事業における交流協力拡大に向けた了解覚書(MOU)を締結しました。

    ジャワ州浄水場開発事業は、1350億ウォン(約135億円)を投じて老朽化した7地域の浄水場を新たに開発するプロジェクトで、2015年から3年間にわたって推進される。この事業において、ソウル市は技術諮問や上水道関係者の教育、民間企業の参加などを支援します。

    ソウル市はこの事業の推進に向け、今年5月から国内の水道関連企業の要請に伴って妥当性調査を実施しており、民間企業とコンソーシアムを構成して同事業に参加する計画です。

    ソウル市は、これまでガーナやブルネイ、インド、インドネシア、トリニダード・トバゴ、パプアニューギニアなどへの韓国の民間企業の水道事業における海外進出を支援してきました。

    ※ インドネシア中部のジャワ州(ジャワ島中央)

    ※ 事業対象地は、既に事業が完了したBREGASを除く7地域

    •  
    •  
    •  
    •