文化/観光ニュース

A A
  • ソウル市 「最高の国際ビジネス・ミーティング都市」3回連続選定

    SMG 1012
  • ソウル市は、『ビジネス・トラベラー』誌(米国版)が主催する「ベスト・イン・ビジネス・トラベル・アワード(Best in Business Travel Awards)」で、3回連続で「最高の国際ビジネス・ミーティング都市(Best International Business Meetings Destination)」賞を受賞しました。

    1988年に始まった「ベスト・イン・ビジネス・トラベル・アワード」は、世界最高のビジネス・ミーティング都市や航空会社、ホテル、空港、運送・輸送など60分野の受賞者を毎年選定・表彰するMICE・観光分野の権威ある賞です。『ビジネス・トラベラー』誌は、航空やホテル、都市、ライフスタイルなど、ビジネス旅行客向けの情報を提供する専門媒体です。1976年に英国で初めて発刊されて以来、英国や米国、ドイツ、中国など、現在10の地域で月刊または隔月で出版されており、米国だけで月に18万5千部出版される代表的な旅行雑誌です。

    ソウル市が受賞した「最高の国際ビジネス・ミーティング都市」は、2008年の新設以来、ダラスやホノルル、ラスベガスなど、米国のコンベンション都市の独走が続きましたが、2012年からソウル市が3年連続受賞という快挙を成し遂げました。特に、この賞は18万5千人の読者からの投票で選定されることから、その意味は大きいと言えます。

    『ビジネス・トラベラー』誌のダン・ブース(Dan Booth)編集部長は、「この賞を受賞するには口うるさい顧客から最高と認められなければならないだけでなく、読者たちは世界のビジネス観光客を代表して厳正に評価するため、受賞には大きな意味がある」と、受賞の意義について説明しました。また、「この部門の受賞対象は、豊富な経験、優れた技術、多様なエンターテインメントを基に、盛大で素晴らしいイベントを開催できるノウハウと能力を備えている」と強調しました。

    一方、ソウル市は、世界的なMICE開催地として国際的認知度が向上し、各分野の権威と規模を誇るMICEイベントの誘致に相次いで成功しました。国際協会連合(UIA)が選定するコンベンション開催都市に2010~12年の3年連続で5位となったのに続き、今年は4位にランクアップしました。また、2018年の「国際泌尿器科学会」や同年の「国際憲法学会第10回世界大会」などの誘致に成功しました。

    ソウル市は、観光・MICE産業の育成策として、①MICEイベントの誘致・開催支援(各段階ごとの支援金と支持書簡の提供、誘致提案書の作成、誘致PTの校正、主催側の踏査支援など) ②ソウル市で継続的に開催され、未来に成長する可能性が高い代表的なMICEを選定し、向こう3年間集中的に支援 ③海外広報マーケティング活動及び海外ビジネス訪問客へのもてなしの強化 ④ソウル市広報館の運営及び伝統文化体験 ⑤各ニーズに合ったソウル市観光プログラムの開発及びプレミアム解説専門家の配置など、様々な政策を継続的に支援する計画です。

    ビジネス・トラベラー・アワード(Business Traveler Awards)概要

    • 主催者:ビジネス・トラベラー(Business Traveler、米国)
    • 正式名称:「26th Annual 2014 “Best in Business Travel” Awards」
      ※ BTUSが創刊された1988年から実施
    • 選定対象
      • - 旅行会社及び旅行事業関連の約60のカテゴリーを選定し、カテゴリーごとに受賞者を選定
    • ※ 2014年の韓国の受賞内容(全体47企業、66分野受賞)
      • - 最高の国際ビジネス目的地:ソウル市
      • - アジア最高の航空会社:大韓航空
      • - 世界最高の飛行ノウハウ、最高の顧客サービス:アシアナ
      • - 最高の空港免税店:仁川空港免税店