Go to Main Content

経済ニュース

A A
  • ソウル市雇用カフェ、青年8,721人に無料就業支援サービス

  • SMG 2154
    雇用カフェ –パゴダ鐘路タワー 雇用カフェ – メディアカフェフ

     

    2016年5月30日、ホンデイック駅の近くに「ソウル市雇用カフェ」1号店が開店されてから2016年12月31日までソウル全域で運営中の「雇用カフェ」を利用した就業準備生が計8,721人になった。

    「雇用カフェ」は鐘路や新村をはじめとするソウル全域の青年密集地域に位置し、最新雇用情報の提供、就業相談、職務コンサルティングなど様々な就業支援プログラムやスタディールームの貸与など就業を準備している青年たちに総合的なサービスを提供する場所である。

    現在「雇用カフェ」では、就業に関する全般的な準備方法を教えてくれる「就業相談」、入社志願書と面接、イメージコンサルティングなど核心事項を教えてくれる「就業クリニック」、「進路・職務相談」、「履歴書・自己紹介書クリニック」、「就業特講」、「模擬面接」など青年たちに実質的に役に立つ就業支援サービスを提供している。

    ソウル市は昨年末まで41ヶ所のカフェを開店し、今年には50ヶ所を開店する予定である。