メインコンテンツに移動
T T

市長動静

  • ソウル市長、R&D革新ハブを訪問して創業活性化に関する討論に参加

  • ソウル市総合ニュース SMG 496

    パク・ウォンスン(朴元淳)ソウル市長は、2019年12月12日にヤンジェ(良才)R&D革新ハブを訪問し、ソウル市が設置・運営している様々な創業支援機関で活動中の青年約60名と創業活性化案について討論した。

    この日参加した青年約60名は、ソウル市が運営中のヤンジェ(良才)R&D革新ハブ、ソウル創業ハブ、ソウルフィンテックラボ、ソウルバイオハブ、青年庁、キャンパスタウンなどで活動しながら実際に創業を活発に行っている青年(準備)創業家たちだ。

    AIヤンジェ(良才)R&Dハブは、ソウルの人工知能(AI)産業の競争力を強化し、未来の雇用を創出するためにソウル市が造成し、2017年12月から運営している。現在50個のAI技術基盤の有望スタートアップ企業が入居しており、オフィススペースから成長支援プログラムまで多彩なサービスが提供されている。

    また、パク・ウォンスン(朴元淳)市長は懇談会に先立ち、ヤンジェ(良才)R&D革新ハブの入居企業の製品を確認し、オープンラウンジでAI自律走行車の運転を参観した。