文化/観光ニュース

A A
  • ソウル市民の映画鑑賞回数は?

    SMG 1221
  • 국내5개광역시_J

    세계5개도시_J

    (資料:Mayor of London、The world Cities Culture Report 2014/映画振興委員会、韓国映画産業決算)

    ▶ ソウル市民1人当たりの1年間の平均映画鑑賞回数は5.9回と、世界の主要都市の中で最も高い

    次いで、ロンドン(5.3回)、パリ(4.9回)、トロントとシドニー(4.8回)の順でした。また、ソウル市民1人当たりの平均映画鑑賞回数は国内の広域市・道の中で最も多く、韓国民の1年間の平均映画鑑賞回数は4.2回でした。

    서울영화상영_J

    ▶ ソウルでは、韓国映画よりも外国映画のほうが多く上映され、映画1本当たりの観客数は韓国映画が6万5千人と外国映画より多い

    2014年の一年間にソウルで上映された外国映画は1,138本(73.8%)、韓国映画は405本(26.2%)と、外国映画が韓国映画の2.9倍上映されました。「韓国映画」1本当たりの売上高は5億2千万ウォンで、1本当たりの観客数も6万5千人と、ともに「外国映画」より多いことがわかりました。

    서울-영화-관객수_J

    ▶ ソウルの映画館観客数と売上高の割合は、それぞれ28.9%、27.7%と全国で最も高い

    2014年の一年間にソウルで映画を鑑賞した人は5,951万人(28.9%)で、売上高は4,808億ウォン(27.7%)でした。ソウルの映画館の売上高はこの5年間右肩上がりで増加し、観客数は2012年に大幅に増加(18.1%)、2014年にやや減少(-0.1%)しました。