中核政策ニュース

A A
  • ソウル市民が選ぶ「2015年ソウル市10大ニュース」は?

    SMG 880
  • 10대뉴스 ソウル市民が選ぶ「2015年ソウル市10大ニュース」は? 1位は、ソウル市民の1%を緊急事態発生時に初期対応ができる市民にするという「市民10万人安全番人育成」(15.8%)でした。 3位は、市民1,100万人以上が参加してハンガン(漢江)公園11カ所でキャンプやダンボール・ボートレース、ファッションショーなど65のプログラムが繰り広げられた「ソウル市サマーフェスティバル“ハンガン・モンタン”の開催」(7.0%)でした。 ソウル市は、2015年の一年にわたって市が重点的に推進してきた主要政策の中から市民及び市職員14万8,159人(市民14万6,255人、市職員1,904人)が選んだ「2015年ソウル市10大ニュース」を発表しました。 投票は11月18日~12月13日の約4週間にわたってオン・オフラインで実施され、総投票数は33万8,750票でした。 「2015年ソウル市10大ニュース」を見る:http://www.seoul.go.kr