経済ニュース

A A
  • ソウル市外国人就職博覧会を開催

    SMG 250
  • ソウル市外国人就職博覧会を開催

    ソウル市は、外国人人材には韓国内での就職の機会を、韓国企業には海外市場進出のための人材採用の機会を提供するため、「2017外国人就職博覧会」を2017年10月31日午前10時から午後5時までCOEX Hall D1で開催する。

    外国人就職博覧会は2014年に初めて開催され、2017年で4回目を迎える。2015年の博覧会では韓国企業49社が参加して外国人求職者2,082人のうち50人が就職を果たし、2016年の博覧会では韓国企業63社が参加して外国人求職者2,120人のうち65人が就職に成功した。

    2017年の博覧会には、海外市場への進出や韓国内の外国人顧客サービスの拡大を図っているウリィ銀行、(株)Webzenなどの大企業や中堅企業をはじめ、有望中小企業などの韓国企業計60社が参加する。

    求職者は、採用ブースで各企業の採用情報を取得し、1:1現場面接に参加することができる。参加企業の人事担当者は面接管理システムを活用して求職者の面接日程の確定から採用結果まで体系的に管理できる。1:1現場面接の他にも、付帯イベントとして就職適性検査(クンミン(国民)大学校)、面接クリニック(トングク(東国)大学校)、履歴書クリニック(チュンアン(中央)大学校)、メイクアップ・イメージコンサルタント、履歴書写真撮影などのサービスが提供される。

    求職を希望する外国人は、2017年10月27日まで就職博覧会ホームページ (www.seouljobfair.com))通じて事前参加申請及び面接申請(面接申請は先着順で実施)をすることができる。また、イベント当日に現場登録をして参加することも可能だ。現場登録の場合、面接参加のための履歴書と自己紹介書を持参することが必要である。

    ソウル市外国人就職博覧会を開催