Go to Main Content
T T

文化/観光ニュース

  • ソウル市内21か所の山と公園で初日の出を迎えましょう!

  • ソウル市総合ニュース SMG 866

    2020年新年を迎え、遠い東海・西海へ行かずに、近くのソウル市内の山と公園で家族とともに初日の出を見て、健康と願い事を祈願してみてはどうでしょう?
    ソウル市と各自治区は、アンサン(鞍山)、ヨンワンサン(龍王山)など「都心の中の山」からアチャサン(峨嵯山)、プカンサン(北漢山)など「ソウル外郭を囲む山」と「都心の中の公園」などで素敵な日の出を見られるよう、「2020年初日の出イベント」をソウル市内の山と公園で一斉開催する。

    初日の出イベントが開かれる日の出スポット20箇所は、▲都心の中の山7か所(アンサン(鞍山)、ウンボンサン(鷹峰山)、ペボンサン(拝峰山)、ケウンサン(開運山)、ヨンワンサン(龍王山)、サムソンサン(三聖山)、ナムサン(南山))、▲ソウル外郭を囲む山10か所(ケファサン(開花山)、ポンサン(烽山)、プカンサン(北漢山)、トボンサン(道峰山)、スラクサン(水落山)、ヨンマサン(龍馬山)、アチャサン(峨嵯山)、イルチャサン(一字山)、ウミョンサン(牛眠山)、メボンサン(梅峰山))、▲市内の公園4か所(チョンウン(青雲)公園、ハヌル公園、オリンピック公園、ハンガン(漢江)公園)だ。

    また、各自治区が実施する新年初日の出イベントは、新年祈願をして家族、恋人、友達と一緒に過ごした大切な思い出となるよう、多彩なプログラムが催される。

    「韓国天文研究院」によると、2020年新年のソウルの日の出予定時刻は、午前7時46分だ。

    <都心の中(7か所):アンサン(鞍山)・ウンボンサン(鷹峰山)・ペボンサン(拝峰山)・ケウンサン(開運山)・ヨンワンサン(龍王山)・サムソンサン(三聖山)・ナムサン(南山)に登ってソウルを一望>
    ソウル都心の中にあるソデムン(西大門)区アンサン(鞍山、ポンスデ(烽燧台))、ソンドン(城東)区ウンボンサン(鷹峰山、八角亭)、トンデムン(東大門)区ペボンサン(拝峰山、頂上部公園)、ソンブク(城北)区ケウンサン(開運山、公園運動場)、チュン(中)区ナムサン(南山、八角広場)など7か所では、「プンムル公演」、「願い事風船飛ばし」、「トックク分かち合い」、「ユッチョム(占い)」などのイベントが繰り広げられる。

    <ソウル外郭(10か所):アチャサン(峨嵯山)、ポンファサン(烽火山)など…LEDタブク(太鼓打ち)公演、くす玉割り、平和の火点火など注目>
    都心近くの初日の出イベントスポットは、クァンジン(広津)区アチャサン(峨嵯山、ヘマジ広場)、チュンナン(中浪)区ヨンマサン(龍馬山、5堡塁)、カンブク(江北)区プカンサン(北漢山、シダンボン(柴丹峰))、トボン(道峰)区トボンサン(道峰山、チョンチュクサ(天竺寺))、ウンピョン(恩平)区ポンサン(烽山、八角亭)、カンソ(江西)区ケファサン(開花山、頂上)など10か所だ。

    <公園(4か所):ハヌル公園の頂上で打楽公演、オリンピック公園では新年揮毫書きなど注目>
    山ではなく大型公園でも新年の初日の出を見てイベントを楽しむことができる。<マポ(麻浦)区ハヌル公園(頂上)>では、約2万人の訪問客が訪れて「新年願い事作成」、「打楽公演」などが催される予定だ。ハヌル公園は進入路がよく整備されており、頂上まで登るのもさほど難しくない。

    21か所で一斉実施される1月1日新年の初日の出イベントは、場所によって開始時間が多少異なるので、訪問前に当該区庁のホームページを確認、または電話などを通して予め問い合わせる必要がある。

    また、寒い野外で長時間日の出を待たなければならないので、暖かい服装で防寒対策をしっかりして、低体温症や凍傷にかからないよう注意しなければならない。現場では、担当者や安全スタッフの指示に従って、事故が発生しないよう注意しよう。

    初日の出スポットとイベントに関する情報は、ソウル市ホームページ(http://www.seoul.go.kr/story/sunrise/)でも確認できる。