Go to Main Content Go to Footer Content

文化/観光ニュース

A A
  • ソウル市プクチョン(北村) 3月の文化プログラム

  • SMG 602
    image_pdfimage_print
    ソウル市プクチョン(北村) 3月の文化プログラム
    ソウル市プクチョン(北村) 3月の文化プログラム ソウル市プクチョン(北村) 3月の文化プログラム
    ソウル市プクチョン(北村) 3月の文化プログラム ソウル市プクチョン(北村) 3月の文化プログラム

    ソウル市の韓屋住居地であるプクチョン(北村)では、「プクチョン(北村)、春を迎える」をテーマに3月中は毎週土曜日に文化イベントを開催する。春を待つ3月、プクチョン文化センターを訪れた市民は韓国の伝統文化体験というスペシャルな思い出を持ち帰ることができる。

    • 韓屋で楽しむ「伝統文化体験」: 韓紙工芸「お花のコースターをつくる」、閨房工芸「携帯ストラップをつくる」、草藁工芸「花籠をつくる」など、毎週多彩な伝統文化体験プログラムに出会うことができる。
      ソウル市プクチョン(北村) 3月の文化プログラム
      日時 プログラム
      3.10(土) [伝統繊維絵画] ハンカチに繊維絵画を描く
      [春花ペインティング] 韓屋に花の色塗りをする
      3.17(土) [草藁工芸] 花籠をつくる
      3.24(土) [文人画] ハンカチに文人画を描く
      [韓紙工芸] 韓紙で花をつくる
      3.31(土) [韓国画] 掛け軸をつくる
      [国楽] テピョンソ(太平簫)をつくる、テグム(大笒)を演奏する

      ‣ 毎週土曜日、午前10時~午後4時、材料費:3,000ウォン

      一方、韓屋支援センターでは、外国人を対象に韓屋についての関心と興味を引き立てるプログラムが行われる。

    • 外国人プログラム「韓屋ハイライト」:韓屋支援センターは、韓屋の構造とその美しさについて知ることができるスポットで、観光客や地域住民に常に門戸を開いている。韓屋支援センターを案内する専門の解説士が、外国人を対象に韓屋に対する説明を直接行う。「美しい韓屋スタンプを押す」、「丹青模様を色塗りする」など手軽な体験プログラムも準備する予定だ。

      ‣ 22日(木)、午前10時15分~11時、英語圏15名(要事前予約)、無料

    日時:2018年3月31日(土)まで、毎週土曜日10:00~17:00
    場所:プクチョン(北村)文化センター(ケドンギル37)、韓屋支援センター(ケドン2ギル11-7)
    費用:体験材料費 3,000ウォン
    予約・お問い合わせ:82-2-741-1033
    ホームページ:http://hanok.seoul.go.kr