経済ニュース

A A
  • ソウル市の社会サービス従事者の平均月収は?

    SMG 1078
  • ソウル市の社会サービス従事者の平均月収は206万ウォンで、ソウル市全体の平均月収320万ウォンよりも114万ウォン少ないことがわかりました。

    社会サービス職種は、正規職の割合が高いほど月収が多く、非正規の割合が高いほど月収が少ないことがわかりました。

    注:社会サービスとは、国・地方自治団体、民間部門のサポートが必要な全ての国民に福祉や保健医療、教育、雇用、住居、文化、環境などの分野で人間らしい生活を保障し、相談やリハビリ、介護、情報提供、関連施設の利用、能力開発、社会参加への支援などを通じ、国民の暮らしの質の向上に向けて支援する制度のことです(社会保障基本法)。

    ソウル市の社会サービス従事者の2014年平均月収は206万ウォン、1時間当たりの給与額は1万3千ウォン

    ‐社会サービス従事者の平均月収は、雇用労働省が発表した2014年のソウル市の平均月収320万ウォンよりも114万ウォン少ない

    ‐ソウル市の社会サービス従事者の1時間当たりの給与額は1万3千ウォンで、ソウル市の1時間当たりの給与額の平均1万8千ウォンよりも少ない

    ‐ソウル市の社会サービスの職種別の平均月収は、いずれもソウル市の平均月収320万ウォンよりも少ない

    社会サービス職種は、正規職の割合が高いほど月収が多く、非正規職の割合が高いほど月収が少ないことがわかりました

    ‐平均月収が最も少ない職種は、「社会サービス機関プログラム運営講師・児童福祉教師」の133万ウォン、「准看護師」の158万ウォン、「一般事務職員」の160万ウォンの順

    ‐「社会サービス機関プログラム運営講師・児童福祉教師」の場合、児童共同生活家庭及び地域児童センターに勤務している人が多いため、契約社員及び時給労働者の割合が高い

    (表1)ソウル市全体の労働従事者と社会サービス従事者の平均月収と労働時間(単位:時間、万ウォン)
      週平均 労働時間 平均月収 1時間当たりの給与額
    ソウル市全体の労働従事者 44.7 320.0 1.8
    ソウル市の社会サービス従事者 40.4 206.4 1.3
    注:ソウル市全体の労働従事者の平均月収は、常用労働者の定額給与+超過給与(賞与給と特別給与は除く)
    資料:2014年地域別事業体労働力調査(雇用労働省) 2014年ソウル市の社会サービス従事者の処遇改善のための雇用実態調査(ソウル研究院副研究委員ユン・ミンソク)

    (表2)ソウル市社会サービス職種別現況(単位:万ウォン、%)

      平均月収 1時間当たりの給与額 正規職の割合 契約職の割合
    代表 283.3 1.6 97.6 2.4
    中間管理職 279.0 1.7 97.6 2.4
    看護師 242.0 1.4 95 5
    リハビリ治療士 220.1 1.4 86.6 13.4
    生活指導員 202.3 1.1 80.3 19.7
    相談士 195.5 1.2 76.9 23.1
    社会福祉士 191.8 1.1 73.4 26.6
    一般事務職員 159.6 1.1 61.8 38.2
    准看護師 157.6 1.0 56.8 43.2
    社会サービス機関 プログラム運営講師/
    / 児童福祉教師
    132.5 1.0 35.1 64.9
    注:社会サービスとは、国・地方自治団体、民間部門のサポートが必要な全ての国民に福祉や保健医療、教育、雇用、住居、文化、環境などの分野で人間らしい生活を保障し、相談やリハビリ、世話、情報提供、関連施設の利用、能力開発、社会参加への支援などを通じ、国民の暮らしの質の向上に向けて支援する制度のことです(社会保障基本法)。

    資料:2014年ソウル市の社会サービス従事者の処遇改善のための雇用実態調査(ソウル研究院副研究委員ユン・ミンソク)

    ※2015年2月23日にアップロードされた本インフォグラフィックスの内容の中で、「教師・保育士」という用語に誤解の余地があり、訂正したことをお知らせします。以前の資料で使用した「教師・保育士」とは、「社会福祉機関でプログラムを運営する従事者と、地域児童センターや児童共同生活家庭などに勤務する従事者」を指すもので、一部の現場で用いられているため使用しました。しかし、一般的な教師及び保育士と誤解される余地があり、「教師」は「社会サービス機関プログラム運営講師」に、「保育士」は「児童福祉教師」に訂正いたします。

    出所:ソウル研究院、The Seoul Institute (http://www.si.re.kr/node/51441)