Go to Main Content

カードニュース

A A
  • ソウル市の新たな政策 ゼロペイ(Zero Pay)とは?

  • SMG 1797

    韓国は、世界でもカード利用率が最も高い国の1つです。大人では10人のうち8人がクレジットカードを所有しています。(韓国銀行2017年支給手段利用行態調査結果)

    カード決済が広く行われているため、小商工人にはカード決済手数料が非常に負担となっています。賃貸料・人件費の高さに加えカード決済手数料まで、自営業者にのしかかる負担はますます重くなっています。

    60万人の小商工人の負担を減らすため、ソウル市では2018年12月より「ゼロペイ(Zero Pay)」サービスを開始しました。

    ゼロペイ(Zero Pay)は、QRコードを利用して決済するモバイル簡単決済サービスです。

    ゼロペイ(Zero Pay)と他のモバイル決済手段の違いは?

    ゼロペイ(Zero Pay)に加盟した小商工人が負担する決済手数料は0%で

    消費者には40%の所得控除を受けられるというメリットがあります。

    2019年4月1日現在、ソウルのゼロペイ(Zero Pay)加盟店は10万店を突破しました。カフェ、美容院、薬局、レストランなど普段よく利用するお店の中にゼロペイ(Zero Pay)を利用できる店舗がたくさんあります。

    決済手数料ゼロのゼロペイ(Zero Pay)を通じて、小商工人をますます幸せにする魅力的な都市・ソウルから目が離せません!