文化/観光ニュース

A A
  • ソウル市の夏祭り(6月~8月)案内

    SMG 601
  • 2017年の夏、ソウル都心にて賑やかかつ華やかな夏祭りが開催される。韓国最大の河辺祭り「ハンガン(漢江)サマーフェスティバル」、都心を爽快に走り回る「シンチョン(新村)水鉄砲祭り」、<ソウル文化バカンス>をテーマに真夏の夜の夢のような文化体験をプレゼントする「ソウル文化の夜」をはじめ、「ソウルオペラフェスティバル」、「チュンムロ(忠武路)ミュージカル映画祭」、「国際ハーモニカフェスティバル」などが市民の参加を待っている。

    6月

    Summer Festival in Seoul from June to August

    6月には、「2017オペラフェスティバル」が20日から30日までカンドン(江東)アートセンターとチョンホ(千戸)公園の野外特設ステージで開催される。チョンホ公園の野外特設ステージで行われるグランドガラコンサートをはじめ、オペラ公演を楽しめる。

    6月18日には、「チョンゲチョン(清渓川)都心の森アートフェスティバル」がソウル都心の中で唯一の自然空間であるチョンゲチョン一帯で行われる。今回のお祭りでは、約50チームのストリートアーティストによるパフォーマンスと約10の体験プログラム、コラボパフォーマンスなどが開かれる予定だ。

    7月

    Summer Festival in Seoul from June to August

    7月には、毎年1千万人以上の市民が訪れる「ハンガン(漢江)サマーフェスティバル」が、7月21日から8月20日までの1か月間、ハンガン公園のあちこちで涼しい夏のバカンスをプレゼントする。イベント期間中、▲ハンガンプール、▲水上レジャースポーツプログラム、▲ハンガンサマーキャンプ場、▲ストリートパフォーマンスフェスティバルなど、韓国最大の河辺文化祭りが行われる。

    「シンチョン(新村)水鉄砲祭り」は、例年に続いて2017年にもシンチョンのヨンセロ歩行者天国で開催され、8日から9日までの2日間はシンチョン一帯が都心の避暑地に変身する。今回のお祭りは、「シンチョンに不時着したエイリアンと、これに立ち向かう地球の人々」というコンセプトで、ヨンセロのど真ん中に設置された円形の宇宙船の形をした大型ステージにて宣戦布告とともに開始される予定だ。

    野外フェスティバルだけでなく、屋内文化空間でもお祭りが行われる。7月22日~30日、「チュンムロ(忠武路)ミュージカル映画祭」がチュンム(忠武)アートセンター、DDP、CGVミョンドン駅シネライブラリ、MEGABOXトンデムン(東大門)店などのチュン(中)区を代表する文化空間で開催される。ミュージカルと映画、2つのジャンルの融合による▲世界各国のミュージカル及び公演芸術関連の新作映画ショーケース、▲コーラスと観客がともに歌うシングアロング(singalong)上映、▲メンターとともに進行するミュージカル映画事前製作支援プロジェクトなど、多彩なプログラムを披露する。

    8月

    Summer Festival in Seoul from June to August

    「ソウル国際ハーモニカフェスティバル」は、8月3日~6日、レベルの高い演奏で蒸し暑さを忘れさせてくれるお祭りだ。特に2017年は、韓国でも大人気のリー・オスカーが出演する<リー・オスカー&フレンズ>がオープニングコンサートとして準備されており、そのほかにもピョンチャン(平昌)文化オリンピックパフォーマンス、市民が無料で楽しめるガラコンサート、世界の名演奏者によるマスタークラスが開かれる予定だ。

    8月11日~13日の夜には「ソウルの夜」の特別な魅力を発見し、楽しめる「ソウル文化の夜」がソウル広場とクァンファムン(光化門)広場などで開かれる。2017年は、「ソウル文化バカンス」をテーマにしたお祭りとして、▲音楽と光が調和した真夏の夜の音楽会(ソウル広場)、▲ワールドミュージックバカンス(ソウル広場)など、様々な文化と涼しさを同時に楽しめる都心バカンス型コンテンツが披露され、心地よい夏の夜をお届けする予定だ。