国際交流ニュース

A A
  • ソウル市の国際会議開催件数、3年連続で世界第3位

    SMG 456
  • ソウル市の国際会議開催件数、3年連続で世界第3位

    ソウル市は、2017年において世界で3番目に国際会議が多く開かれた都市に選定された。2015年、2016年に続いて3度目である。

    国際会議に関する世界統計を公式に発表している国際団体連合(Union of International Associations、UIA)は、2018年6月15日に『国際会議統計報告書(International Meetings Statistics Report)』を発表した。報告書によると、ソウル市は前年比31%(162件)増加した688件を記録し、世界第3位の国際会議開催都市に選定された。

    主要都市ごとの順位は、1位シンガポール(877件)、2位ブリュッセル(763件)、3位ソウル(688件)、4位ウィーン(515件)、5位東京(269件)となっている。

    ソウル市は2013年に「ソウルMICE育成マスタープラン」を樹立して以来、国際的なMICE関連データベースを分析して誘致及び開催に関する潜在的な需要を発掘し、誘致と開催の成功のための継続的な総合支援プログラムを運営することで、MICE産業の育成に力を注いでいる。