経済ニュース

A A
  • ソウル市に住む外国人の方はソウルグローバルセンターにおいて創業オフィスを申し込むことができます

    SMG 2332
  •  

        ソウル市はソウルグローバルセンターにおいて、創業を目指すソウル居住の外国人のために、オフィスを設置し、入居希望者を募集する。

        ソウルグローバルセンターに入居できる外国人企業は6社であり、37㎡(約11坪)のスペースを共同使用できる。立地企業は、センター内にいる専門家の相談、1:1ビジネスコーチングや創業関連教育、セミナーへの参加などの支援が受けられる。立地期間は計8ヶ月(5~12月)、立地料金と管理費は無料であり、各企業にはコンピューター、電話、ファックスなどのオフィス機器が提供される。

        立地の募集対象は、公告日を基準に国内に居住している者、合法的に滞在できるビザを所持している者、立地期間内に創業を予定しまたは創業1年未満の外国人に限る。外国人創業支援オフィスの施設は、従来の2か所のセンター(江南・汝矣島グローバルビジネスセンター、8社立地可能)から3か所のセンター(ソウルグローバルセンターが新規で追加)へと増え、計14の起業家予備軍を支援することになる。

        今回の募集では5月3日(金)まで申し込みを受け付け、書類および面接の審査を経て5月15日(水)に選定結果を発表する。詳しくは、ソウルグローバルセンターのHP(http://global.seoul.go.kr)でお知らせを参考にするか、電話(2075-4140)問い合わせることができる。

        一方、外国人の起業家予備軍が入居することになるソウルグローバルセンターは、ソウルに住む外国人のために9か国語(英語、中国語、日本語、ベトナム語、タガログ語、モンゴル語、ロシア語、ウズベキスタン語、タイ語)により、一般的な生活に関する相談、専門的な相談(法律、労務など)、ビジネス相談を提供しており、外国人居住者のソウルでの安定した定着を助けるために設立された、ソウル市最大の総合外国人支援施設である。

        ソウルグローバルセンターはビジネス活動の中心である鐘路(チョンノ)に位置しており、電車や多様な路線のバスが通っているので、インキュベーションオフィスとして最高の条件を備えている。

    ソウルグローバルセンターのインキュベーションオフィスへの入居者募集の概要

    区分 ソウルグローバルセンター 備考
    位置 ソウルグローバルセンタービル6階オフィス内
    広さ 36.72㎡×1室 shared officeタイプ
    入居社数 6社
    入居期間 2013年5月~12月
    資格 起業家予備軍または創業して1年未満の外国人(起業)
    内容 オフィススペース、オフィス機器、インターネット、コンサルタント/マーケティング/広報など
    条件 同センターの諸般の条件および契約書事項の遵守など

    募集の内容

    募集の日程

    • 受付期間:2013. 4. 16(火)~5. 3(金)
    • 書類審査:2013. 5. 8(水)
    • 面接審査:2013. 5. 13(月)
    • 結果発表:2013. 5. 15(水)
    • ※ 募集の日程は事情により変更することがあります。

    受付のご案内
    提出書類:入居申込書(事業計画書を含む)、事業計画書、履歴書(写真添付)、ビザのタイプが記されたパスポートと外国人登録証の写し、事業者登録証の写し(すでに創業した場合)

    受付方法
    - e-mail: sgcbizincubation@gmail.com
    -郵便:(〒110-110) ソウル市 鐘路区 鐘路38 ソウルグローバルセンタービル6階

    お問い合わせ:ソウルグローバルセンター 02)2075-4140