ソウル市総合ニュース

A A
  • ソウル市が提供する10月の文化体験

    SMG 2018
  •     秋風と共にロマンが漂う10月、何もせずにただ日常を繰り返すだけではもったいない。忙しくても、公演を鑑賞して心の余裕を取り戻し、街の祭りで思い切り笑ってみてはどうだろうか?毎月ソウル市が提供する様々な公演、展示、祭り、文化体験を楽しんでみよう。

    2010小エビの塩辛祭り, ユルゲン・ルックギターコンサート

        謙齋鄭歚記念館では、若手作家の公募作を展示する「2010謙齋鄭歚、明日の作家展」が14日から11月9日まで開かれる。また、毎月推薦作品を選定し、著者との出会いや読書感想文の朗読などを行う「著者と共にする美術・人文学講座」が、10月29日「檀園金弘道の研究」の著者、チン・ジュニョン氏を招待して開かれる。昌德宮の内医院で楽しめる「韓医学体験」は、韓国・外国人を対象に薬袋づくり、薬研ぎ体験などを無料で提供するプログラム(昌德宮の入場料は有料)であり、10月28日まで毎週木曜日に参加することができる。

        西大門文化会館で催される「世界文化芸術探検の旅」は、11月1日まで世界各国の文化、歴史、民に接することができる多文化に対する認識改善プログラムであり、子どもと大人が一緒に参加することができる。また、瑞草区民会館のコンサートオペラ「セビリアの理髪師」が、10月22日劇団OTMオペラカンパニーにより公演される。西大門地域の乳幼児と共にするボランティア公演「<バイバイ、ホットドッグDog>と共に訪ねる公演」は、10月中に希望団体を対象として先着順に無料で催される。

    博物館ツアー, オペラコンサート- セビリアの理髪師

        文化の月10月を迎えて、たくさんの市民が楽しめる様々な文化祭りも開催される。10月15日から17日までの3日間、江南区の島山公園、コエックス(COEX)広場、新沙洞街路樹通りで行われる「2010江南ファッションフェスティバル」は、トレンドコレクション、デザイナーイ・サンボンのファッションショー、ストリートマーケット、街路樹通りオープンバザーなど、江南のファッション文化とビジネス、そして祭りが合わさったファッションフェスティバルである。10月14~15日に「2010麻浦料理文化祭り」がMパレス・ウェディングホールの表庭で開かれ、「第3回小エビの塩辛祭り」がワールドカップ公園平和の広場で10月15日~17日までの3日間、無料で繰り広げられる。