Go to Main Content Go to Footer Content

福祉/健康/安全ニュース

A A
  • ソウル市、2022年には各洞に学び場を開設、生涯学習時代の幕開けへ

  • SMG 236
    ソウル市、2022年には各洞に学び場を開設、生涯学習時代の幕開けへ

    ソウル市は、すべての市民が自らの生活エリアの近くで自然と生涯学習に加わっていくことができるよう、住まいや職場の近くにある生涯学習空間として「町の学び場」を全面的に拡大・充実させる。2022年までにソウル市の424の洞すべてに町の学び場を設置して「1洞に『町の学び場』1つの時代」の幕を切って落とし、より綿密な生涯学習サービスネットワークを構築・運営する。

    町の学び場を運営する自治区は、ソウル市と協力して地域の生涯学習協力モデルを共につくることになるが、①専門的人材、②財政支援、③オーダーメイド型コンサルティングの提供を受けることができる。当該区に町の学び場が設けられると、市民はより手軽に生涯学習に参加することができるようになる。

    また、2019年から町の学び場運営自治区には「洞の生涯学習専門家」が少なくとも2人以上配員され、プログラムの質を高めてより充実したものとできるよう運営する計画だ。洞の生涯学習専門家は、▲地域の特性に合わせた生涯学習プログラムの開発・運営、▲学習共同体活動の支援、▲学習者の相談および学習モチベーションの促進、▲住民とのコミュニケーション、▲地域学習資源の発掘などを担当する事業専門人材である。

    加えて学校、図書館、文化院などの地域のインフラや優れた民間のプログラムを連携させて市-自治区-市の教育庁-民間が協力し合う生涯学習協力・共生モデルを構築し、▲生活文化教育、▲職業能力増進、▲地域問題の解決など、社会の変化に応じた実用的かつ差別化された生涯学習プログラムを提供する。