中核政策ニュース

A A
  • ソウル市、2020年に「グローバルデジタル首都」として誕生

    SMG 1424
  • ソウル市が世界最高の電子政府の地位を超え、今後5年間、世界のデジタル首都へと進むための先導モデルをつくる。

    ソウル市はオン‧オフラインで市民10万人の意見をまとめ、ヒアリングや情報化戦略委員会などを経て樹立した「ソウルデジタル基本計画2020」を本格的に施行する。ソウル市は今回の基本計画のビジョンを「新たな繋がり、違う経験Global Digital Seoul 2020」とし、これを実現するための4大戦略(①ソーシャル特別市②ディジノミクス③デジタル社会革新④グローバルデジタルリーダー)と54項目の実行課題も一緒に設けた。

    J_global_1

    まず、デジタルを活用した市民たちとのコミュニケーションとガバナンスを強化する。実際に公共デジタルサー ビスで恩恵を受ける市民が望むサービスが提供できるよう、市民、企業、専門家が全過程を主導する事業比率を2020年までに全体の公共デジタル事業の50%まで高める。

    また、“ディジノミクス(Diginomics)”を実現することでソウルの新成長動力を確保する。ソウル市のデジタル政策のシンクタンクとして2016年5月に発足する「ソウルデジタル財団」が、ディジノミクスの活性化に向けた統合プラットフォームの役割を果たすことになる。フィンテック関連のスタートアップ育成プログラムを運営し、2020年までに30の企業を発掘·育成して、33万人あまりの創意的人材養成を支援する。

    Gバレーはモノのインターネット(IoT)専門アカデミーの運営及びハッカソン、カンファレンスの開催などを通じて専門の人材を養成し、2020年までに243種類の有望技術を発掘する計画だ。さらに、デジタル革新で都市問題を解決することで市民生活を改善する。「モノのインターネット(IoT)」の実証地域モデル事業が進行中の1号事業地であるプクチョン(北村)をはじめとし、2020年まで100カ所に拡大し創出してソウル全域を一つの巨大リビング・ラボ(Living Lab)として作り上げる。

    駐車場の位置およびリアルタイムの駐車情報をスマートフォンアプリでリアルタイムに確認できる「統合駐車情報システム」を通し、2020年まで550カ所の駐車場にリアルタイムに情報を提供することで、駐車問題の解消に貢献する。併せて、世界最高のデジタルインフラの構築に向け、2017年には地下鉄とバスをはじめ、ソウル全域の公共場所に無料Wi-Fiゾーン(WiFi Zone)を構築する。

    パク·ウォンスン市長は「新年のあいさつでも明らかにしたように、今年はソウルが名実共にグローバルデジタル首都へと進む最初の年になるはずであり、今回のデジタル基本計画はその地図(map)の役割を果たすもの」とし、”ソウルが2020年に世界を先導するデジタル首都になることができるように、デジタル技術を通してこの政策の恩恵を受ける市民が直接主導して政策を樹立し、新成長のデジタル産業を通じて雇用創出と経済活性化を牽引し、様々な都市問題を解決していく」といった。

    J_global_2