Go to Main Content Go to Footer Content

経済ニュース

A A
  • ソウル市、革新フィンテック企業の投資誘致活動を支援

  • SMG 76

    2019서울금융위크 Seoul Finance Week Date 20-31 October 2019, Venue Yeouido, Theme FINTECH RISE

    ソウル市は2019年10月28日から31日までの4日間、「2019ソウル金融ウィーク」を開催、未来の金融産業をリードできる革新的アイデアを有するフィンテック企業を発掘・支援する。

    「2019ソウル金融ウィーク」のご案内

    • 日時・場所:2019年10月28日~10月31日(4日間)/ソウルフィンテックラボ、コンラッドホテル
    • 主要行事の日程
      • – 「フィンテック企業 IPコンペティション」 (10/28)
      • – 「ソウルフィンテックラボ開館式」 「フィンテック企業の投資誘致説明会」 (10/29)
      • – 「2019ソウル国際金融カンファレンス」 (10/30)
      • – 「官民フィンテック支援機関ネットワーキング」 (10/31)

    ソウル市は10月28日(月)と29日(火)の両日、有望なフィンテック企業を支援するための「フィンテック企業 IP(Intellectual Property:知識財産)コンペティション」及び「フィンテックスタートアップ投資誘致説明会(IR)」の開催に先立ち、これに参加する企業を募集する。参加企業のうち、優秀企業に選ばれた企業にはソウル市長賞及び特許庁長賞を授賞、さらに韓国内外の投資者からの投資が受けられるよう機会を与える。

    10月28日にはソウル市と特許庁の共同主催で「2019ソウル金融ウィーク フィンテック企業IPコンペティション」を開催する。これには事前の書面審査で選抜された10社が参加、そのうち当日会場で実施される評価で最終5社を選抜する。今回開催される「IPコンペティション」を通じて、今後フィンテックのスタートアップ企業がより成長するための必須条件である知識財産の大切さを広報するとともに、優秀な知識財産を有するフィンテック企業を発掘する予定だ。

    参加対象者は韓国所在の予備創業者及び創業7年以内のフィンテック企業。その中から保有特許技術の投資価値と独創性・技術性・市場性などを評価して優秀企業を選抜する。

    参加を希望する企業は、10月16日から22日まで(7日間)の公募期間中に、オンライン公募ページ*を通じて参加申込書・事業計画書・企業または製品の紹介資料などを提出する。
    ※フィンテック企業IP(知識財産)コンペティションの申込み・受付:http://www.onoffmix.com/event/195952

    翌日の10月29日には「フィンテックスタートアップ投資誘致説明会(IR)」が開催される。参加を希望する企業は、10月16日から21日まで(3日間)の受付期間中にオンラインページ*を通じて参加申込みする。その中から事前審査を通過した12社は、イベント当日、韓国内外から参加した20社余りの外資系企業を対象に自社を広報するとともに投資を受ける機会が与えられる。
    ※フィンテックスタートアップ投資誘致説明会(IR)の申込み・受付:https://onoffmix.com/event/196790

    「フィンテック企業 IP(知識財産)コンペティション」と「フィンテックスタートアップ投資誘致説明会(IR)」に参加したい企業は、ソウル市ホームページまたはソウル国際金融カンファレンス運営事務局(www.sific.kr)に問い合わせれば、詳しい内容について知ることができる。