Go to Main Content

文化/観光ニュース

A A
  • ソウル市、都市景観を改善する優秀デザイン42点を選定

  • SMG 316

    ソウル市は都市景観を改善する安全で優れた品質のベンチ、フェンスなどの公共施設42点を「第23回ソウル優秀公共デザイン」認証製品として選定・発表した。認証製品には認証マークの使用権限と広報支援特典などが提供される予定だ。

    「第23回ソウル優秀公共デザイン」認証製品は、2019年7月に選定計画を発表し、ホームページから申請された計106点の製品に対して書類審査と現物審査、現地実査などを行い、最終的に42点を選定した。

    ソウル市、都市景観を改善する優秀デザイン42点を選定
    品目 ベンチ 歩行者用
    フェンス
    自転車道用
    フェンス
    橋梁用
    フェンス
    ボラード マンホール 公園灯 保安灯 地上機器
    42 5 18 4 4 1 2 2 3 3

    認証製品には、今後認証期間として2年間、認証マークを使用できる権限とソウル市の広報支援特典を提供し、11月27日(水)から選定企業に認証書が配布される予定だ。

    今回の「第23回ソウル優秀公共デザイン」認証により、現在まで11年間で計1,188個の製品が認証され、2020年上半期からは認証期間が有効な176個の製品を歩行者中心の安全都市を目指しているソウル市公共事業に積極的に活用する。

    また、ソウル優秀公共デザイン認証制及びデザインクリニック事業の共有と発展案の模索など、公共施設の製造企業関係者とのコミュニケーションを図るため、「2019ソウルデザイン・オープンクリニック」を11月22日(金)に開催する。公共デザインに興味のある人なら誰でも参加できる。詳しい内容については認証制ホームページ(http://sgpd.seoul.go.kr)で確認できる。